Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード ICE BREAK』キャスト、吹替声優まとめ ─ カート・ラッセル&スコット・イーストウッドら、脇を固める豪華キャスト

© Universal Pictures

ワイルド・スピード』シリーズ第8作『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017)には、シリーズ最強の敵サイファーが登場する。これまでファミリーを守ってきたドムが、あることを理由にファミリーの前から突如姿を消してしまい、原題『The Fate of the Furious』の通り、ファミリーの“運命(Fate)”を決するような1作である。

テクノロジーを駆使し、ファミリーを追い詰めるサイファー役を演じるのは、シャーリーズ・セロン。ほか、ファミリーと対峙してきたデッカード・ショウ役のジェイソン・ステイサムやルーク・ホブス役のドウェイン・ジョンソンも引き続きの出演となる。また、ファミリーを手助けするミスター・ノーバディ役でカート・ラッセル、ミスター・ノーバディの部下リトル・ノーバディ役でスコット・イーストウッド、ショウ家の母ミセス・ショウ役でヘレン・ミレンが出演するなど、豪華キャストが揃った。

本記事では、ドムやレティらおなじみのファミリーはもちろん、『ICE BREAK』に出演しているキャストと吹替声優をまとめてみた。再鑑賞のおともとして、ご活用いただきたい。

ヴィン・ディーゼル(ドミニク・トレット役)

ヴィン・ディーゼル
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/9349854472/ Remixed by THE RIVER

1967年、米ニューヨーク出身。少年時代よりストリートダンスに興じながら、7歳で初舞台に立つ。1995年に短編映画「Multi-Facial(原題)」を自主製作。同作をきっかけに、スティーブン・スピルバーグ監督に見いだされ、『プライベート・ライアン』への出演が決まる。その後、2000年に『ピッチブラック』、2001年に代表作となる『ワイルド・スピード』に出演し、着実に知名度を上げていった。そのほか、代表作は『トリプルX』シリーズや『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのグルート役など。俳優業と並行してプロデュース業でも精力的な活動を見せている。最新の出演作は、『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』。今後は『アバター』(2009)続編シリーズへの出演を控えている。

吹替版声優 楠大典

ヴィン・ディーゼルやイドリス・エルバをはじめ、ジェイミー・フォックス、ジョン・シナ、ドウェイン・ジョンソン、マハーシャラ・アリら、名だたるハリウッド俳優の吹替を担当。アニメ作品では、『トランスフォーマー』シリーズのブラックコンボイ/ギャラクシーコンボイや、「スター・ウォーズ 反乱者たち」ダース・ベイダー(シーズン2から)の声優としても知られる。ほか「ONE PIECE」「BLEACH」「名探偵コナン」など、出演作多数。

ミシェル・ロドリゲス(レティ・オーティス役)

Michelle Rodriguez ミシェル・ロドリゲス
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/9355564255

1978年、米テキサス出身。エキストラ出演を重ねた後、『ストレイ・ドッグ』(2018)のカリン・クサマ初監督作『ガールファイト』(2000)で本格的なスクリーンデビューを飾った。2001年公開の『ワイルド・スピード』で一躍名を馳せ、これに続く形で『バイオハザード』(2002)に出演。以降、『S.W.A.T.』(2003)や『アバター』(2009)『世界侵略: ロサンゼルス決戦』(2011)などで強き女性を演じ、肉体派としての地位を確立している。2012年には『バイオハザードV リトリビューション』でレイン役を再演した。次回作は、『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』。

吹替版声優 甲斐田裕子

吹替では、アン・ハサウェイやエミリー・ブラント、ガル・ガドット、ジェマ・アータートン、レイチェル・ワイズら、錚々たるハリウッド女優の作品を担当。ほか、『インクレディブル・ハルク』(2008)のリヴ・タイラーや『黒い司法 0%からの奇跡』(2019)のブリー・ラーソン、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019)のチャン・ツィイーと、幅広いジャンルで活躍している。「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」(2008-2020)や『スパイダーマン: スパイダーバース』(2019)など、アニメ作品にも多数参加。女優として舞台に立ったり、ドラマ・CMのナレーションを担当したり、多岐にわたる活躍を見せる。

タイリース・ギブソン(ローマン・ピアース役) 

タイリース・ギブソン
Photo by Disney | ABC Television Group (Image Group LA/ABC) https://www.flickr.com/photos/disneyabc/22598448824/

1978年、米ロサンゼルス出身。10代でモデルとしてキャリアをスタートさせる。1998年、20歳のときにタイリース名義で音楽活動も開始。同年発売のファースト・アルバム『Tyrese』は、ゴールドディスク認定を受ける。1996年にシットコム「Hangin’ with Mr. Cooper(原題)」(1992-1997)で役者デビューを飾り、2000年に「ラヴ・ソング」に映画初出演。2003年に、『ワイルドスピードX2』(2003)でポール・ウォーカーの相棒ローマン役に抜擢される。また、『トランスフォーマー』シリーズのエップス軍曹役でも有名。『ワイルド・スピード』と『トランスフォーマー』が代表作となる。直近では、『ブラック アンド ブルー』(2019)や『クリスマス・クロニクル PART2』(2020)に出演。2022年には、マーベル映画『モービウス』を控えている。

吹替版声優 松田健一郎

吹替としては、『スター・トレック』シリーズのジョージ・カーク役クリス・ヘムズワースや『ブラック・クランズマン』(2018)主演のジョン・デヴィッド・ワシントン、『ワイルド・スピード』シリーズのローマン役タイリース・ギブソンを担当。アニメ作品では、「クロックワーク・プラネット」ヴァイネイ・ハルター役や「ブラッククローバー」ゴードン・アグリッパ役などで知られている。ゲーム作品にも多数参加しており、直近の作品では「ゼルダ無双 厄災の黙示録」「モンスターハンターライズ」など。

クリス・“リュダクリス”・ブリッジス(テズ・パーカー役)

この投稿をInstagramで見る

Ludacris(@ludacris)がシェアした投稿

1977年、米イリノイ州出身。少年時代にヒップホップの中心地アトランタに引っ越し、ラップを始める。地元のラジオ局のラジオパーソナリティで知名度を上げ、ティンバランドなど、有名ラッパーのアルバムに参加。1999年にアルバム『Incognegro』を発売する。俳優としては、タイリース同様に『ワイルドスピードX2』に出演して大きく注目を集める。同作では「2 Fast 2 Furious」「Act a Fool」など、アーティストとして楽曲も提供した。以降、『ワイスピ』のメインキャストとして第5〜8作まで出演し、最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』を控える。ほか出演作には、『クラッシュ』(2004)『ハッスル&クロウ』(2005)『抱きたいカンケイ』(2011)『ニューイヤーズ・イブ』(2011)など。

吹替版声優 渡辺穣

吹替では、『オーシャンズ』シリーズのエディ・ジェイミソンや『ワイルド・スピード』リュダクリスなどで知られる。ドラマ作品では「ER緊急救命室」や「グッド・ワイフ」(2009-2016)に参加した。『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009)や「結界師」「名探偵コナン」など、アニメ声優としても活動している。

ジェイソン・ステイサム(デッカード・ショウ役)

jason statham ジェイソン・ステイサム
© Avalon.red 写真:ゼータイメージ

1967年イギリス出身。水泳の元飛び込み選手としてイギリス代表チームに選抜されるほどの実力を持つも、モデルに転向。ダンサーとして活動していた時期もある。1998年にガイ・リッチー監督の『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』で映画デビュー。2000年にリッチー監督と再タッグした『スナッチ』で知名度を上げた。その後は、『トランスポーター』『アドレナリン』『メカニック』『エクスペンダブル』『ワイルド・スピード』シリーズなどに出演し、アクションスターとしての地位を築いた。ほか出演作に、『ローグ アサシン』(2007)『ノミオとジュリエット』(2011)『MEG ザ・モンスター』(2018)など。最新作は、ガイ・リッチー監督との再タッグ作『Wrath of Man(原題)』。

吹替版声優 山路和弘

ステイサムのデビュー作『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』以降、ほとんどのステイサム作品で吹替を担当している。地声から不思議なくらいステイサムにそっくりだ。ほかアル・パチーノ、アレック・ボールドウィン、アントニア・バンデラス、ウィレム・デフォー、ケヴィン・ベーコン、ヒュー・ジャックマンら、ハリウッドの名優たちの吹替を務めてきた。アニメ声優としては、『ONE PIECE』『進撃の巨人』などに参加している。元々、キャリアは俳優として開始しており、いまも映画・舞台への出演を続ける。

ドウェイン・ジョンソン(ルーク・ホブス役)

Dwayne Johnson ドウェイン・ジョンソン
A Photo By Eva Rinaldi https://en.wikipedia.org/wiki/File:Dwayne_Johnson_2014(Cropped).jpg|Remixed by THE RIVER

1972年、米カリフォルニア出身。父親で元プロレスラーのロッキー・ジョンソンの影響で、幼い頃からプロレスに熱中する。しかし、元々プロレス選手になりたかったわけではなく、大学ではアメリカンフットボールをはじめる。マイアミ大学でスター選手として活躍した。卒業後、プロレスラーに転向。WWEのスター選手としてアメリカ全土を熱気で包み込んだ。2001年には『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』のスコーピオン・キング役で俳優デビュー。プロレスと並行して、『DOOM』(2005)『ゲット スマート』(2008)『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』(2010)など、俳優としてのキャリアも着実に築き上げていった。2011年に『ワイルド・スピード MEGA MAX』に出演してからは、アクション映画で主演を務める機会も増え、代表作は『オーバードライヴ』(2013)『ヘラクレス』(2014)『セントラル・インテリジェンス』(2016)『ランペイジ 巨獣大乱闘』(2018)、『ジュマンジ』シリーズ、『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(2019)など。『モアナと伝説の海』(2016)ではマウイ役で声優にも挑戦した。次回作は、ディズニーの実写版『ジャングル・クルーズ』(2021年7月29日公開)と、Netflix映画『レッド・ノーティス』(2021年11月公開)。2022年にはDC映画『ブラックアダム(原題:Black Adam)』を控えている。

吹替版声優 小山力也

ジョージ・クルーニーやキーファー・サザーランドの吹替で知られる。代表作はキーファーの「24 -TWENTY FOUR-」。ほか、ガイ・ピアース、キアヌ・リーブス、ジェラルド・バトラー、デンゼル・ワシントン、ドウェイン・ジョンソンらの声を主に担当してきた。アニメでも、「ポケットモンスター」や「NARUTO -ナルト-」「宇宙戦艦ティラミス」など、出演作多数。俳優としても活動している。

エルサ・パタキー(エレナ・ネベス役) 

1976年、スペイン出身。地元マドリードの劇団に入り演技を学ぶ。1990年代後半より、現地の短編やドラマ、映画に出演するようになり、2000年代に入ってからは『スネーク・フライト』(2006)など、ハリウッドでの活動も始める。2009年に『ワイルド・スピード MEGA MAX』でエレナ役に抜擢。第8作『ワイルド・スピード ICE BREAK』まで、メインキャラクターとして登場した。2010年には『マイティ・ソー』シリーズで知られる俳優クリス・ヘムズワースとの結婚を発表。『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013)では、ヒロイン役のナタリー・ポートマンの代役としてポストクレジット・シーンに出演した。

吹替版声優 坂井恭子

『アイアン・フィスト』(2012)のルーシー・リューや『マグニフィセント・セブン』(2016)のヘイリー・ベネット、『ワイルド・スピード』シリーズのエルサ・パタキーなどの吹替で知られる。ドラマでも「ARROW/アロー」(2012-2020)ウィラ・ホランドや「Marvel アイアン・フィスト」(2017-2018)ジェシカ・ストループの吹替も務める。アニメでは、「ルパン三世 the Last Job」「サザエさん」「おしりたんてい」など、参加作多数。舞台でも活躍している。

ナタリー・エマニュエル(ラムジー役)

ナタリー・エマニュエル Natalie Emmanuel
Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Nathalie_Emmanuel_(28016330863).jpg

1989年、イギリス出身。10代より、「ライオンキング」をはじめ、ウエストエンド製作の舞台作品に出演し始める。2008年、ドラマ「Hollyoaks Later(原題)」(2008-2020)で俳優デビューを飾り、その後はテレビドラマへの出演で経験を重ねた。2013年、「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)のミッサンディ役で一躍名を知られるようになり、最終シーズンまで出演した。さらに2015年に『ワイルド・スピード SKY MISSION』でラムジー役を演じ、知名度はさらに上昇。以降、『ワイスピ』ファミリーに加わり、『ワイルド・スピード ICE BREAK』を経て、最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』でも続投する。ほか、『メイズ・ランナー』シリーズのハリエット役でも知られている。待機作に、ザック・スナイダー監督『アーミー・オブ・ザ・デッド』(2021)の前日譚映画『アーミー・オブ・シーブス』を控えている。

吹替版声優 坂本真綾

ナタリー・ポートマンの出演作の吹替や、「glee/グリー」(2009-2015)レイチェル役のリア・ミシェルの吹替などで知られる。ほかクリスティーナ・リッチ、マーゴット・ロビー、ミア・ワシコウスカらの吹替も担当した。アニメ作品では、「黒執事」シエル・ファントムハイヴ役や「桜蘭高校ホスト部」藤岡ハルヒ役、「シン・エヴァンゲリオン劇場版」真希波・マリ・イラストリアス役などで有名。ほか歌手、ラジオパーソナリティ、エッセイストなど、マルチに活動している。

カート・ラッセル(ミスター・ノーバディ役)

Kurt Russell カート・ラッセル
Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:SDCC_2015_-_Kurt_Russell_(19107985233).jpg

1951年、米マサチューセッツ州出身。1962年に「わんぱくデニス」(1959-1963)でデビューを飾ってから、子役として活動をスタートさせた。さっそく1963年には、エルヴィス・プレスリーが主演を務めた『ヤング・ヤング・パレード』で映画デビューを果たし、以降ディズニー作品の少年役で知られるようになった。途中、1970年代には野球選手への転向を発表し、3年間マイナーリーグでプレイするも、怪我により再び俳優業に専念することとなった。復帰後は、『パニック・イン・テキサスタワー』(1975)『ニューヨーク1997』(1981)『遊星からの物体X』(1982)『バックドラフト』(1991)『エスケープ・フロム・L.A.』(1996)など、数々のハリウッド作品に出演。2000年代に入っても活動を続け、『デス・プルーフ in グラインドハウス』(2007)『ワイルド・スピード SKY MISSION』(2015)『ヘイトフル・エイト』(2016)『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)など、幅広いジャンルの作品に名を連ねた。近年の出演作は、『クリスマス・クロニクル』シリーズや『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019)など。『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』への出演を控える。

吹替版声優 大塚芳忠

ヴィゴ・モーテンセン、ジェフ・ゴールドブラム、ドニー・イェン、ジャン=クロード・ヴァン・ダムらの吹替で知られる。ほかアンディ・ガルシアやレイ・リオッタ、ウディ・ハレルソンの出演作品も担当してきた。ほか、『マトリックス』シリーズでエージェント・スミス役を演じたヒューゴ・ウィーヴィングや、『007』4代目ジェームズ・ボンド役のティモシー・ダルトンの吹替でも有名。アニメでは『NARUTO -ナルト-』自来也役や『鬼滅の刃』鱗滝左近次役、「ゴールデンカムイ」鶴見中尉役、「SLAM DUNK」仙道彰役などで知られている。

シャーリーズ・セロン(サイファー役)

Charlize Theron シャーリーズ・セロン
photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Charlize_Theron_(35373656334).jpg

1975年、南アフリカ共和国出身。10代からモデルとして活動し、世界を飛び回る。その後、米ニューヨークに移り、バレエ学校に入学。ダンサーを目指すも断念し、俳優を志すようになる。1996年に『2 days トゥー・デイズ』で映画デビューを飾り、その後は『すべてをあなたに』(1996)『Mr.ダマー2 1/2』(1997)『マイティ・ジョー』(1998)などに出演。2003年、製作デビュー作でもある『モンスター』でアカデミー賞主演女優賞受賞を受賞した。以降、『スタンドアップ』(2005)『ヤング≒アダルト』(2011)『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』(2019)など、コメディから硬派なアクションまで、幅広い役に挑戦した。近年では、『アダムス・ファミリー』(2019)『スキャンダル』(2019)『オールド・ガード』(2020)に出演。次回作に『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』を控えている。『オールド・ガード』続編の企画も進行中。

吹替版声優 田中敦子

吹替ではグウィネス・パルトローやニコール・キッドマン、ケイト・ベッキンセールらを担当。ほか、ジュリア・ロバーツ、トニ・コレット、ダイアン・レインらの作品にも参加している。直近では『ブラック・ウィドウ』(2021)でメリーナ役レイチェル・ワイズの吹替を務めた。アニメでは「攻殻機動隊」草薙素子役や「NARUTO -ナルト- 疾風伝」小南役で知られる。ナレーターとしての活動も展開中。

スコット・イーストウッド(リトル・ノーバディ役)

『パシフィック・リム:アップライジング』スコット・イーストウッド インタビュー
©THE RIVER

1986年、米カリフォルニア出身。映画監督クリント・イーストウッドを父に持つ。キャリア初期はスコット・リーヴス名義で活動しており、映画デビュー作は『父親たちの星条旗』(2006)。ほかクリント・イーストウッド作品では、『グラン・トリノ』(2007)『インビクタス/負けざる者たち』(2009)『人生の特等席』(2012)などに出演している。2010年代半ばからは主演作も増え始め、主な作品として『ロンゲスト・ライド』(2015)『デンジャラス・プラン 裏切りの国境線』(2015)『スクランブル』(2017)『アウトポスト』(2020)が挙げられる。ほか出演作に『飛びだす 悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲』(2013)『スーサイド・スクワッド』(2016)『パシフィック・リム: アップライジング』(2018)など。次回作はジェイソン・ステイサム主演の『ラース・オブ・マン』。

吹替版声優 小野大輔

吹替では「glee/グリー」フィン役のコリー・モンティスや『スティーブ・ジョブ』(2013)のアシュトン・カッチャー、『ドクター・ストレンジ』(2016)モルド役のキウェテル・イジョフォー、『ワンダー・ウーマン』シリーズのスティーブ役クリス・パインらの声を当ててきた。アニメでは「涼宮ハルヒの憂鬱」古泉一樹役や「進撃の巨人」エルヴィン・スミス役、「黒執事」セバスチャン・ミカエリス役などで知られる。

ヘレン・ミレン(ミセス・ショウ役)

Helen mirren ヘレン・ミレン
Photo by Dick Thomas Johnson https://www.flickr.com/photos/31029865@N06/22418153872

1945年、イギリス出身。英ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーにて舞台女優として活動を始める。1967年に映画『Herostratus(原題)』でスクリーンデビューを飾り、以降はドラマ・映画に出演を重ねた。1984年に『キャル』でカンヌ国際映画祭女優賞を受賞。2006年には『クィーン』でエリザベス2世を演じ、アカデミー主演や英国アカデミー賞、ゴールデングローブ賞など名だたる授賞式で主演女優賞を獲得した。エミー賞、トニー賞でも受賞歴を持ち、アカデミー賞とあわせて三冠を達成している。ほか出演作に、『モスキート・コースト』(1986)や『サイレンサー』(2006)『モンスターズ・ユニバーシティ』(2013)、『ワイルド・スピード』シリーズなど。近年の出演作は『ANNA/アナ』(2019)『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(2019)『グッドライアー 偽りのゲーム』(2019)など。次回作に『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』を控える。現在は2023年米公開予定の『シャザム!』続編『Shazam! Fury of the Gods(原題)』の撮影に参加している。

吹替版声優 沢田敏子

吹替では、『007』シリーズのジュディ・デンチをはじめ、フェイ・ダナウェイ、シャーロット・ランプリングらの作品で知られている。ほかアンジェリカ・ヒューストンやヴァネッサ・レッドグレイヴ、ジュリー・アンドリュースの吹替も担当してきた。アニメでは、「アルプスの少女ハイジ」ナレーションや『眠れる森の美女』(1959)マレフィセント役などで有名。 JR上野駅の自動放送の声を担当したことから「上野おばさん」の愛称で親しまれている。

クリストファー・ヒヴュ(コナー・ローズ役)

この投稿をInstagramで見る

Kristofer Hivju(@khivju)がシェアした投稿

1978年、ノルウェー・オスロ出身。デンマークで演技を学び、キャリア初期はノルウェー国内の作品に多数出演する。2010年代から活動の拠点をハリウッドに移し始め、『遊星からの物体X ファーストコンタクト』(2011)『アフター・アース』(2013)などに出演。2013年には「ゲーム・オブ・スローンズ」にて、野人トアマンド役に起用され、大きな存在感を放った。以降、『ワイルド・スピード ICE BREAK』や『ダウンヒル』(2020)に出演し、次回作に「ウィッチャー」シーズン2を控えている。

吹替版声優 高木渉

吹替では、ジャック・ブラックやトビー・ジョーンズ、クリス・ロックの声を当ててきた。ほかアラン・カミング、キューバ・グッディング・ジュニア、ショーン・アスティンの吹替もしばしば担当している。アニメでは「名探偵コナン」小嶋元太/高木刑事役、「HUNTER×HUNTER」ナックル=バイン役、「忍たま乱太郎」平滝夜叉丸役、「NARUTO -ナルト-」うちはオビトなどで有名。「名探偵コナン」の高木刑事は元々キャラクター名が与えられていなかったが、高木が演じ続けた結果、のちに高木渉と名付けられた。

『ワイルド・スピード ICE BREAK』キャスト・声優一覧

キャラクター名 キャスト 日本語吹替声優
ドミニク・トレット ヴィン・ディーゼル 楠大典
レティ・オーティス ミシェル・ロドリゲス 甲斐田裕子
ローマン・ピアース タイリース・ギブソン 松田健一郎
テズ・パーカー クリス・“リュダクリス”・ブリジッジス 渡辺穣
デッカード・ショウ ジェイソン・ステイサム 山路和弘
ルーク・ホブス ドウェイン・ジョンソン 小山力也
エレナ・ネべス エルサ・パタキー 坂井恭子
ラムジー ナタリー・エマニュエル 坂本真綾
ミスター・ノーバディ カート・ラッセル 大塚芳忠
サイファー シャーリーズ・セロン 田中敦子
リトル・ノーバディ スコット・イーストウッド 小野大輔
ミセス・ショウ ヘレン・ミレン 沢田敏子
コナー・ローズ クリストファー・ヒヴュ 高木渉

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly