Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』製作費は約3億ドル!映画史上第2位の規模に ― 米報道

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
© Marvel Studios 2018

マーベル・シネマティック・ユニバースの集大成、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の製作費が約3億ドルであることがわかった。米Wall Street Journal誌が報じている。
2017年3月、本作と『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』は合計の製作費が10億ドルに達すると伝えられていた。該当の情報は撮影関係者が当時証言したものであり、このたび判明した金額がより事実に即しているものとみられる。

これまでのマーベル・シネマティック・ユニバースにおいて、最も高額の製作費が投じられた作品は『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)の2億7,980万ドルだった。すなわちシリーズの最新作が、この数字をさらに上回ることとなる(第2位は2016年『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の約2億5,000万ドル)。

なお、2018年4月時点で映画史上最高の製作費を誇る作品はパイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』(2011)の3億7,850万ドル(インフレ考慮せず)。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』はこれに次いで史上第2位の規模となり、同じく約3億ドルが費やされた作品には『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』(2007)や『ジャスティス・リーグ』(2017)がある。ただし『ジャスティス・リーグ』は、ザック・スナイダー監督の途中降板による事実上の監督交代、膨大な再撮影などをすべて含めた金額だ。

ところで気になるのは、2008年『アイアンマン』に始まった同ユニバースの大きな区切りとなる『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』の製作費である。『エイジ・オブ・ウルトロン』の製作費を『インフィニティ・ウォー』が超えたということは、第4作の製作費が『インフィニティ・ウォー』以上であってもなんら不思議ではないのだが……?

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:http://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-iw.html

Source: WSJ

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly