『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』製作費は約3億ドル!映画史上第2位の規模に ― 米報道

マーベル・シネマティック・ユニバースの集大成、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の製作費が約3億ドルであることがわかった。米Wall Street Journal誌が報じている。
2017年3月、本作と『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)は合計の製作費が10億ドルに達すると伝えられていた。該当の情報は撮影関係者が当時証言したものであり、このたび判明した金額がより事実に即しているものとみられる。

これまでのマーベル・シネマティック・ユニバースにおいて、最も高額の製作費が投じられた作品は『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)の2億7,980万ドルだった。すなわちシリーズの最新作が、この数字をさらに上回ることとなる(第2位は2016年『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の約2億5,000万ドル)。

なお、2018年4月時点で映画史上最高の製作費を誇る作品は『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』(2011)の3億7,850万ドル(インフレ考慮せず)。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』はこれに次いで史上第2位の規模となり、同じく約3億ドルが費やされた作品には『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』(2007)や『ジャスティス・リーグ』(2017)がある。ただし『ジャスティス・リーグ』は、ザック・スナイダー監督の途中降板による事実上の監督交代、膨大な再撮影などをすべて含めた金額だ。

ところで気になるのは、2008年『アイアンマン』に始まった同ユニバースの大きな区切りとなる『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)の製作費である。『エイジ・オブ・ウルトロン』の製作費を『インフィニティ・ウォー』が超えたということは、第4作の製作費が『インフィニティ・ウォー』以上であってもなんら不思議ではないのだが……?

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:http://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-iw.html

Source: WSJ

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。