『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』注目度で『フォースの覚醒』超え、この夏一番観たい映画に

全世界待望の劇場公開を間近に控える中、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のさらなる大ヒットが期待される情報が飛び込んできた。なんと映画ファンのほぼ2人に1人が本作を「一番観たい作品」に選んでおり、注目度で『スター・ウォーズフォースの覚醒』(2015)を超えたというのである。

2018年4月27日、今年の夏が始まる

Wall Street Journal誌は、今後公開される映画の注目度調査によって、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が「スター・ウォーズ」やその他の大作映画をしのぐ注目を得ていたと伝えた。全体の45%、すなわちほぼ2人に1人が、本作を「一番観たい」作品に選んだのだ。
なお劇場公開を控えた同時期の同一調査で、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は映画ファンの33%が「一番観たい」と回答。こちらはおよそ3人に1人の割合となっている。


また米国最大のチケット販売サイトFandangoは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が「この夏一番楽しみな大作映画」に選出されたことを発表。このランキングは本作の封切られる4月27日以降に公開される作品が対象で、第2位の『デッドプール2』(6月1日公開)や第3位の『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(6月29日公開)など数々の話題作を抑えて堂々の貫禄を見せつけた。
もちろん、4, 5月を「夏」と捉えるかどうかは賛否が分かれるところではないだろうか。しかし、ここはこのように考えよう。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』から2018年の夏が始まるのだと。

現在、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は米国にてオープニング興収記録の更新が期待されている。最高記録を保持する『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)の2億4,800万ドルに対し、本作は2億3,500万~2億5,500万ドルの初動興収が見込まれており、記録更新の可能性は高い。

ただしWSJ誌によれば、本作のチケット前売セールスは5,000万ドルを突破したところで、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』や『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)の前売記録にはまだ達していないという。公開2週間前の時点で、マーベル・シネマティック・ユニバース過去7作品の合計売上額をしのぐセールスを達成していたものの、今後公開までにどんな推移を示すかがポイントといえるだろう。
一方、2018年4月26日(米国時間)に実施される前夜祭上映(オープニング・ナイト・スクリーニング)のチケットはすでに完売。日本でも前夜祭のチケットは発売後数分で売り切れたが、本国ではそれ以上の盛り上がりを示しており、米国の映画館は27日午前2時30分開始の上映回などを追加しているという。

 

なお全世界同時公開がうたわれている『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』だが、海外最大市場である中国では少し遅れて5月11日、第9位の市場であるロシアでは5月3日の公開予定だ(ともに現地時間)。全世界興行収入の初動記録に、この時間差がどう出るかはまだわからない……。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:http://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-iw.html

Source: WSJ, EW
© 2018 MARVEL

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。