Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』空中に浮かぶ物体の名前、過去作品やコミックとの関係は?新予告編を徹底分析

2018年3月16日、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の新予告編が米国にて解禁された。前回の予告映像、また2018年2月に公開されたスポット映像に含まれていなかった新規映像がたっぷり詰め込まれている2分18秒には、本編への期待が否応なく高まる場面が連続で登場する。

本記事では、この新予告編をつぶさに見つめながら、ストーリーを紐解くカギやコミックとの関係など、気になるポイントを分析していく。劇場公開まで約40日、読者のみなさまの予習にお役立ていただければ幸いである。

注意

この記事では、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』、およびマーベル・シネマティック・ユニバースの過去作品について言及しています。

サノス襲来、ヒーローの再会

「私の知っている彼には、ただひとつの目標しかなかった。この宇宙の半分を消滅させること。もしもインフィニティ・ストーンをすべて集めたら、彼にはそれができてしまう。指を鳴らす、ただそれだけで。」

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の新予告編は、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのガモーラ(ゾーイ・サルダナ)とトニー・スターク/アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr.)が対面している場面から始まる。“彼”の恐るべき計画を聞かされたトニーは、「もう一度名前を聞かせてくれ」と一言。ガモーラのせりふの後半部分は、本作の原案とされるコミック『インフィニティ・ガントレット』(小学館集英社プロダクション刊)をそのまま想起させるだろう。

ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)とブルース・バナー/ハルク(マーク・ラファロ)、そしてジェームズ・“ローディ”・ローズ/ウォーマシン(ドン・チードル)の3人が空を見上げ、ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)の屋敷であるサンクタム・サンクトラムの外観などが登場する中、“彼”ことサノス(ジョシュ・ブローリン)がその姿を見せる。
この時点で、彼のガントレットには“紫色”が装着されているように見えるが、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)でそのパワー・ストーンは惑星ザンダーのノヴァ軍に託されたはず。ということは……?

場面は変わってニューヨーク。前回の予告編にも登場した、上空に浮かぶ円形の物体は、その名を「Qシップ」と呼ぶという。その詳細は不明だが、実は第一次世界大戦時にイギリス海軍が使用した、一般商船のふりをして敵を奇襲する武装船も名前を「Qシップ」といった(のちに米軍や日本軍も類似の方法を使用している)。このネーミングに秘められた意味とはいかに?
ピーター・パーカー/スパイダーマン(トム・ホランド)が空中を滑り、飛び去ろうとするかのようなQシップをアイアンマンが追う(ここでトニーが着用しているのはブリーディングエッジアーマーだろうか)中、トニーの声が聞こえる。「こちらのほうが有利だ。彼がやってくる、そのことを利用するんだ。」

つづいてストレンジがアガモットの眼(タイム・ストーン)を開き、ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセン)やヴィジョン(ポール・ベタニー)がいる様子が映し出されると、『ブラックパンサー』(2018)で登場したばかりのワカンダ王国の全景が広がる。
国王ティ・チャラ/ブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマン)と、親衛隊ドーラ・ミラージュの隊長オコエ(ダナイ・グリラ)が出迎えるのは、うってかわったビジュアルで登場するスティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)とナターシャ。その後ろには、ブルース、ローディ、サム・ウィルソン/ファルコン(アンソニー・マッキー)、ヴィジョン、ワンダの姿も見える。
「キャップは、ヴィジョンをワカンダに連れてくるという決断を下すんです」と述べたのはアンソニー・ルッソ監督だが、やはり彼らは『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)以来の合流を果たし、ここワカンダにやってくるわけである。スティーブとティ・チャラは固い握手を交わす。

そして気になるのは、トニー以上の頭脳を持つという天才科学者シュリ(レティーシャ・ライト)が、横たわるヴィジョンを診察するかのような場面だ。シュリの左手に浮かび上がっているイメージはヴィジョンの頭部とみられるが、本体にもイメージの中にも、まだマインド・ストーンは埋め込まれたままになっている。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー、合流

一方、ピーター・クイル/スター・ロード(クリス・プラット)率いるガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバーが降り立つのはまた別の惑星だろう。ガモーラ、ドラックス(デイヴ・バウティスタ)、マンティス(ポム・クレメンティーフ)の姿は見えるが、ソーに同行しているとみられるロケット(ブラッドリー・クーパー)、グルート(ヴィン・ディーゼル)を確認することはできない。

あくまで予想にすぎないが、米Comicbook.comは、このとき画面左側に映っている小さな宇宙船から、この場所が『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に登場した惑星ノーウェアではないかと推測している。ノーウェアといえばコレクター(ベニチオ・デル・トロ)がいた場所で、彼は『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013)でリアリティ・ストーンを受け取っているのだ。もっともコレクターの屋敷は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で吹っ飛んでしまったわけだが……。ちなみに新ポスターのクレジットから、本作にコレクターが登場することは確定している。

そして本映像の白眉といってよいのが、場所こそ正確につかめないものの、トニー・スターク/アイアンマン、ピーター・パーカー/スパイダーマン、ピーター・クイル/スター・ロード、ドラックスの4名が顔を揃える場面だ。「みんなの計画について話そう。いい計画だと思うよ、マジでダメだってこと以外は。だからこっちの計画をやらせてほしい、すごくいいと思うから。」「……すごいな。」
もちろん、ここでスパイダーマンが着用しているスーツが『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)のラストに登場した、トニーによる新スーツであることも見逃せない。

再び場面が変わってワカンダでは、空から地上に突き刺さった複数の巨大な物体(前回の予告編を参照)を目指して、スティーブとティ・チャラ、ナターシャ、バッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャー改めホワイトウルフ(セバスチャン・スタン)、そしてドーラ・ミラージュの面々ほかが向かっていく。そして、誰が乗っているのか不明であるハルクバスターの背後を、ファルコンとウォーマシンが飛んでいくのだ。

「終わりの時は近い」、サノスの言葉が聞こえる。またどこか別の場所では、ロケット&グルートが見つめる中、ソー(クリス・ヘムズワース)は巨大な雷を操るのだった。

サノスの脅威、そしてサノスの子供たち&ロキ

ニューヨークに現れていたQシップが、異形の宇宙船が複数見える謎の場所を襲撃する。この場所がどこかはわからないが、これはアイアンマン、スパイダーマン、スター・ロード、ドラックスが揃っていたのと同じ場所だろうか。つづいて大きな謎を呼ぶのは、アーマーに身を包んだサノスが、緑色の小さな手をもつ少女を連れて歩いていく場面だ。おそらく少女の正体は、“サノスの娘”ガモーラだと思われるが……。

「私の計画が終わっても、人類の半分はまだ存在する」。サノスがソーの頭部をつかみ、ソーが絶叫する場面は、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)のポストクレジットシーン直後に起こった出来事とみていいだろう。なぜなら、同作に登場した宇宙船の名前は「サンクチュアリII」、そこにサノスが乗っていることはほぼ確定しているのだ。
また前回の予告編には、ロキ(トム・ヒドルストン)が四次元キューブ(スペース・ストーン)を何者かに差し出す場面が収められていた。今回の映像では、やはりロキが寝返ったこと、そして「サノスの子供たち」こと4人の部下と一緒に行動しているらしいことが判明している。プロキシマ・ミッドナイト、エボニー・モウ、コーヴァス・グレイヴ、そしてブラック・ドワーフ。こうしてサノスの手に渡ったスペース・ストーンは、木っ端微塵に破壊されてしまう。ただしロキのことである、結局のところ誰を裏切っているのかはまだわからない。

ワカンダでの戦闘が始まる。バッキーが銃を構え、スティーブが新たな盾を手にし、ティ・チャラがブラックパンサーのスーツに身を包むのだ。爆発が起こる中、大群が突っ込んでいく。しかしその様子を見るに、どうやら敵はごく少数ではなかろうか。
一方、謎の惑星でもヒーローのチームは結成される。ストレンジが魔術を操り、スター・ロードが駆け抜けていくのだ。そんな中、ワンダは驚愕の表情を見せ、ストレンジの顔面にはエボニー・モウによって針のような物体が向けられる(エボニー・モウがストレンジを襲撃する展開は、コミック『インフィニティ』(ヴィレッジブックス刊)と同じ)。
そしてワカンダではサノスの尖兵・アウトライダーズの集団によってハルクバスターが襲撃され、謎の惑星ではアイアンマンのスーツがついに破壊されてしまうのだった。

「完璧なバランス、すべてはそうあるべきだ。君たちの存在が記憶されることを願うよ」。パワー・ストーンとスペース・ストーンを装着したサノスの巨大な拳を必死に受け止めるのは、スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカである。

ちなみに前回の予告編では、タイトルロゴ後にソーとガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの対面シーンが用意されていた。今回の新映像では、スパイダーマンとドクター・ストレンジの対面が収められている。
場所はストレンジがエボニー・モウの攻撃を受けているのと同じ空間ではないかと思われるが、この二人の見どころとして期待したいのは、なんといっても軽快な会話だろう。「ピーター・パーカーです。」「ドクター・ストレンジだ。」「あっ、偽名を使うんですね。だったら僕は…スパイダーマン。」

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ウェブサイト:http://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-iw.html

Sources: EW, SR, CBR, Comicbook.com(1, 2
©THE RIVER

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly