Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ロケット&グルートも新たな活躍!意外なタッグ判明、バッキーの新展開も

©THE RIVER

マーベル・シネマティック・ユニバースの集大成、映画アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーは、おなじみ『アベンジャーズ』シリーズと『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのクロスオーバーが大きな見どころだ。
予告編では姿をちらりとしか見せていないガーディアンズのメンバーだが、TVスポットを見るかぎり、どうやらソーとロケット・ラクーン&グルートの組み合わせがポイントらしい。

米Entertainment Weekly誌では、ロケットと意外なキャラクターのやり取りが判明。さらにグルートの声を担当するヴィン・ディーゼルは、Facebookにて自身の役どころについて語ってくれた。

注意

この記事では、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の内容、および『ブラックパンサー』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』のネタバレに言及しています。

―――

――

ロケット&バッキー、ワカンダで対面

Entertainment Weekly誌の特集記事によれば、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の予告編で印象的に登場するワカンダの乱戦シーンにロケット・ラクーンも参加するという。ソーも合流しているということで、グルートも一緒に行動しているのか……?

本作におけるワカンダの詳細は重要情報を含むため別記事に譲るが、ポイントは「アウトライダーズ」と呼ばれる“人造エイリアン”の大群がこの場所に襲来することだ。迎え撃つヒーローたちの中には、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)で冷凍睡眠に入り、『ブラックパンサー』(2018)のポストクレジットシーンで姿を見せたバッキー・バーンズも含まれている。
予告編やTVスポットではヴィブラニウム製の義手で銃を手にする様子が確認できたが、どうやら本編では、驚くべき強さでアウトライダーズを一掃するシーンがあるそうだ。そして、その様子をロケットが見ているのだとか。

同誌によれば、バッキーの強さを見たロケットが「その銃いくらなの?(How much for the gun?)」と尋ね、「売り物じゃない(It’s not for sale.)」と返されたあと、「オッケー、じゃあその腕は? 腕はいくら?(Okay, how much for the arm? The arm?)」と応じるシーンがあるという。
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を手がけたジェームズ・ガン監督がキャラクターの監修を務めたというだけあって、本作のロケットも変わらぬ“ロケットらしさ”を十分に味わうことができそうだ。そして、撮影現場で計画されていたというヒーロー同士のやり取りからも、この映画がシリアスなストーリーの中にユーモアをきちんと織り交ぜたテイストであることがうかがえるだろう。

ちなみに『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』では、『ブラックパンサー』で呼ばれていたように、バッキーには「ホワイトウルフ」という新コードネームが与えられているという。もはやウィンター・ソルジャーではないとみられるが、どんな役割を務めることになるのだろうか? なお「ホワイトウルフ」という名称や『ブラックパンサー』のポストクレジットシーンについては、こちらの記事もあわせてご覧いただきたい。

グルートは「進化」、ヴィン・ディーゼル&監督が示唆

もちろん『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で活躍するのはロケットだけではない。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)のベビー・グルートから成長を遂げたティーンのグルートは、今回の物語でどんな展開を見せてくれるのか……。声優を務めるヴィン・ディーゼルが、自身のFacebookにてジョー・ルッソ監督との映像を投稿している。

ディズニーのスタジオでグルートの収録作業にあたっているというヴィンは、そのプロセスについて「魔法をかけてますよ。すっごくエキサイティング。夢中になってもらえると思うな」とコメント。ほかの誰も知らないというグルートについての脚本を手渡され、彼の「進化」を演じるのを楽しんでいるようだ。しかし、さすがはマーベル・スタジオ、グルートのストーリーがどうなるのかは今まで誰にも明かしていなかったということか?

ジョー・ルッソ監督は、本作のグルートについて「(以前とは)違ったふうに年を重ねています。いろんな年齢幅を見られるのが、彼の魅力的なところですよね。この映画では新たな年齢になってますよ」と説明。ディーゼルも「新しいグルートが見られると思う。思春期がどんな感じなのか、みんな知ってますしね」と述べてから、「映画を観てもらえば、僕らの言ってることがわかりますよ」と締めくくった。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー

Sources: EW(1, 2), Vin Diesel, Comicbook.com
©THE RIVER

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly