Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』レイ役の最終候補だったジェシカ・ヘンウィック、6ヶ月に及ぶオーディション振り返る ─ レイの秘密も知っていた

ジェシカ・ヘンウィック
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/35380692693/ Remixed by THE RIVER

スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)で、新たなサーガの主人公レイ役を射止めたのは、イギリスの無名女優デイジー・リドリー。『スター・ウォーズ』への出演で世界的な存在となるとい、最新作『スカイウォーカーの夜明け』(2019)でついに同役の務めを終え、次なるステップへ踏み出そうというところだ。

もちろん、レイ役の座を熱望していたのはデイジー・リドリーだけではない。「Marvel アイアン・フィスト」コリーン・ウィング役や「ゲーム・オブ・スローンズ」ナイメリア・サンド役のジェシカ・ヘンウィックもそのひとりだ。彼女はレイ役として最終候補まで残るが、その思いは結実せず。『フォースの覚醒』には、レジスタンスのX-ウイングパイロットのひとりジェシカ・パヴァとして登場している。ジェシカ・ヘンウィックはこの度、当時の長く辛いオーディションの様子を米The Hollywood Reporterで振り返っている。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#RIPinterviewmagazine #AndyWarhol Feel lucky I got to be a part of it 🙏

Jessica Henwick(@jhenwick)がシェアした投稿 –

「ああもう、大変な6ヶ月でしたよ。長かった。実際は別のキャラクターでオーディションを受けていたんですけど、それで6ヶ月もかかったんです。そしたら、最後にJ・Jが“君には出演してほしいけど、君用にキャラクターを書きたいと思ってる”って言って。ジェシカ・パヴァが作られたのはそういう経緯です。」

『スター・ウォーズ』の主役の座は、誰にとっても人生を変える大役だ。6ヶ月にもおよぶオーディションを勝ち抜き、最終候補まで残っても、最終的に落選した時の心境たるや、察するに余りある。

「すごく、すごく長かった。キツかったですよ。参加して、オーディションして、心の奥にしまっていたものを、考えないようにしなくちゃいけないし、感情を入れないようにしなくちゃいけなかったから。でも6ヶ月も続くと、どうしても絶対にやりたい、という気持ちになっちゃうものですよね。それにJ・Jの大ファンでもあったし。だから6ヶ月経った後は、取り乱してしまいましたね。」

レイの秘密も知っていた?

ところで、完結作『スカイウォーカーの夜明け』ではレイの出自についての衝撃の事実が明かされる。しかし、オーディションを受けたジェシカは、その答えを当時から知っていたと見られるのだ。2016年夏に開催されたイベントに登壇したジェシカは、「『エピソード8』について、レイはルークの娘だと思いますか?」とファンに尋ねられ、こんな風に答えたことがある。

レイが誰の血筋なのか、私知ってると思います。でも言いません。合ってると思うから。訴えられるのも嫌だし(笑)。レイは、私がもともとオーディションを受けていた役です。だから結構詳しくて。キャラクターについて色々読んだので、答えは知っています。」

この時ジェシカが「知ってる」と口にしたレイの出自の回答が、最終的に『スカイウォーカーの夜明け』で採用されたものと同一かは分からない。しかし、J・J・エイブラムスには『フォースの覚醒』当時からある程度独自の計画があったことは明らかだろう。

J・Jの友人であり、『フォースの覚醒』にはアンカー・プラット役で出演もしたサイモン・ペッグも、「J・Jが意図していることは知っています」と、2018年4月時点で明かしている。「それは前作(『最後のジェダイ』)では語られていない。彼女の血筋について、ある話があったんですよ。」

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』来日イベント

多くの思いをのせたレイの物語も、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』でついに幕を下ろした。デイジーは今後、再演したい気持ちはあるか?「この仕事が終わることを幸せに思うし、満足しているんです。だから(復帰するとして)どんなものになるのか、どうすればこの役をもう一度やり直したくなったり、また演じたくなったりするのか想像できません。」

なお、ジェシカが演じたジェシカ・パヴァは、コミック「Star Wars: Poe Dameron」にも登場。「彼女が生きているのが嬉しい!」と本人も喜んでいるようだ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Catching up with my old friend Jess Pava. So cool to know she lives on! #StarWars #PoeDameron #JessPava #I’mInAComicBookMa

Jessica Henwick(@jhenwick)がシェアした投稿 –

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は2019年12月20日(金)より公開中

Source:THR

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly