Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『ジョーカー』ホアキン・フェニックス、ファンの仮説に回答 ─ 「謎があることが素晴らしい」

ジョーカー
TM & © DC. Joker © 2019 Warner Bros. Entertainment Inc., Village Roadshow Films (BVI) Limited and BRON Creative USA, Corp. All rights reserved.

この記事には、映画『ジョーカー』のネタバレが含まれています。

アーサー・フレックは「ジョーカー」か

電車で出会ったエリートたちを殺害し、自身の出生に隠された秘密に迫るうち、愛していたはずの母親を殺害し、隣人女性との交際が妄想にすぎなかったことを悟る。『ジョーカー』の主人公アーサーは、周囲の人々との関係性や、ひいては社会との繋がりを断っていき、孤独・孤立への道を突き進んでいく。敬愛するコメディアンを生放送中に銃撃したアーサーは、ピエロの仮面をかぶった人々によって炎の上がる街中で象徴として崇められ、一人で踊っていたダンスを静かに踊り始めるのだ。

ところが本作は、アーサーという“信頼できない語り手”を主人公に据えているために、何がどこまで真実なのか、あるいはアーサーの妄想なのかが正確に判断できない作りになっている。共同脚本・監督のトッド・フィリップスは、脚本執筆時に意図していた“真実”をいずれ明かすとしているが、それがいつになるのかは分からない。

ジョーカー
(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

そんな中、一部のファンの間で語られているのが、「アーサーはジョーカーではない」との説だ。のちのバットマンである少年ブルース・ウェインとアーサーの年齢に差がありすぎることから、アーサー自身は、コミックファンのよく知る“狂気の犯罪王子”ジョーカーではなく、のちにジョーカーとなる人間を覚醒させた人物ではないかというわけである。おなじみ「ジョーカー」は、たとえばトーマス・ウェイン夫婦を射殺した男など、暴徒と化した人々の中にいたのではないかと。

しかしながら、今回、ホアキンは「僕が思うに、彼(アーサー)こそがジョーカーだと思います」と述べて、この仮説をひとまず否定している。あくまで、ホアキンは“ジョーカーになる男”としてジョーカーを演じたのであり、“のちのジョーカーを生み出すきっかけになった男”を演じたわけではないということだろう。

もちろん、その一方で、ホアキンは異なる解釈を歓迎する立場だ。かねてより「(『ジョーカー』で)面白いのは、みんなが別々の感覚を抱くところ。あるものが何を意味していて、どこが現実でどこがそうでないのか、みなさんが全く違うことを考えるところです」と述べてきたホアキンは、まるで「彼こそがジョーカー」という自身の見解すら、あらゆる解釈のひとつとして受け止めているかのようである。今回、ホアキンは「謎があることが素晴らしいんです」とも言っているのだ。

映画『ジョーカー』は2019年10月4日(金)より全国公開中。

Source: The Los Angeles Times

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly