『ジュラシック・ワールド2』にジェフ・ゴールドブラム扮するイアン・マルコム博士が21年ぶりの再登場!物語のキーパーソンか

現在撮影が行われている、『ジュラシック・ワールド2(仮題)』から、驚きのニュースが飛び込んできた。

かつてスティーブン・スピルバーグが手がけた、シリーズ第1作『ジュラシック・パーク』(1993年)、続編『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』(1997年)に出演したジェフ・ゴールドブラムが、実に21年ぶりの再登場を果たすというのである。

ゴールドブラムが演じたマルコム博士は、『ジュラシック・パーク』に登場した皮肉たっぷりの数学者。続編『ロスト・ワールド』では主人公として登場したものの、残念ながら3作目の『ジュラシック・パーク3』、そして『ジュラシック・ワールド』に登場することはなかった。

ハリウッド・レポーター誌によると、『ジュラシック・ワールド2』でマルコム博士は保険コンサルタントとして島を訪れるという。監督を務めるJ.A.バヨナは、本作で「『ジュラシック・ワールド』と『ジュラシック・パーク』の繋がりがわかる」と述べていただけに、おそらくマルコム博士は物語のキーパーソンを務めることになりそうだ。クリス・プラット扮する主人公オーウェン・グレイディとどんなやり取りを繰り広げるのか、そして過去2作を無事に生き延びたマルコム博士は今回も生還できるのか……。『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』『ソー/ラグナロク(原題:Thor: Ragnarok)』と、大型フランチャイズへの出演が相次ぐゴールドブラムの演技にも期待しよう。

【考察】『ジュラシック・ワールド2』何故、マルコム博士は戻る必要があるのか?

『ジュラシック・ワールド2(仮題)』は2018年6月22日米国公開予定。新鋭フアン・アントニオ・バヨナが監督を務め、前作を手がけたコリン・トレボロウが脚本を担当している。クリス・プラットやブライス・ダラス・ハワードが続投するほか、ジャスティス・スミス、ジェームズ・クロムウェル、トビー・ジョーンズらが出演。

Source: http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/jeff-goldblum-joins-jurassic-world-sequel-997569
Eyecatch Image: https://www.youtube.com/watch?v=RFinNxS5KN4
© Universal Pictures and Amblin Entertainment

About the author

1989年生まれ。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはわかりづらいまま、少しだけわかりやすくしてお届けできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。