Menu
(0)

Search

ポール・トーマス・アンダーソン『リコリス・ピザ』7月1日公開決定 ─ アカデミー賞作品賞ノミネートの青春映画

リコリス・ピザ
© 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

『ファントム・スレッド』(2017)につづくポール・トーマス・アンダーソン監督最新作、『リコリス・ピザが2022年7月1日(金)より全国公開されることが決定した。あわせて、ティザーポスタービジュアルが到着している。

『パンチドランク・ラブ』(2002)でカンヌ、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(2007)でヴェネツィア、『ザ・マスター』(2012)でベルリンと世界三大国際映画祭を制した若き巨匠、ポール・トーマス・アンダーソン。その最新作『リコリス・ピザ』は、全米の映画賞を席巻中で、アカデミー賞では作品賞・監督賞・脚本賞の3部門に候補入りしている。

舞台は1970年代のアメリカ、サンフェルナンド・バレー。実在の人物や出来事を背景に、写真技師アシスタントのアラナと高校生ゲイリーが偶然に出会ったことから、歩み寄りすれ違っていく恋模様が描かれる。ゲイリー役を演じたのは、フィリップ・シーモア・ホフマンの息子で、長編映画への初出演となるクーパー・ホフマン。三人姉妹バンドのハイムのメンバー、アラナ・ハイムがアラナ役を演じており、同じく本作が長編映画初出演となった。ともに本作で鮮烈な映画デビューを飾り、主演女優賞やブレイクスルー賞を総なめに。ふたりの演技には、J・J・エイブラムスも魅了されたことを明かしていた

共演者には、ブラッドリー・クーパーやショーン・ペン、ベニー・サフディらが名を連ねている。またレオナルド・ディカプリオの父、ジョージ・ディカプリオがカメオ出演。音楽は、ポール・トーマス・アンダーソン監督作の多くを手掛けている、レディオ・ヘッドのジョニー・グリーンウッドが担当した。

このたび公開されたティザーポスタービジュアルは、カメラを見つめるアラナとそのアラナを後ろから微笑みながら見つめるゲイリーの姿を収めたもの。ふたりの距離感を感じさせるものになっている。

リコリス・ピザ
© 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.
リコリス・ピザ
© 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

映画『リコリス・ピザ』は、2022年7月1日(金)TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly