Menu
(0)

Search

2022年(第94回)アカデミー賞の作品賞ノミネート作、日本公開・配信状況まとめ ─ 結果発表までの鑑賞ガイド

第94回(2022年)アカデミー賞

2022年2月8日、第94回アカデミー賞ノミネート作品が発表された。注目の作品賞には、スティーブン・スピルバーグギレルモ・デル・トロドゥニ・ヴィルヌーヴ、ジェーン・カンピオン、ポール・トーマス・アンダーソン、アダム・マッケイなど錚々たる監督の話題作が勢揃いしたほか、日本からは濱口竜介監督の『ドライブ・マイ・カー』が、日本映画として初の候補入りを果たしたのである。

すでに日本で公開されている作品もあれば、今後公開を控えている作品もある。本記事では、作品賞に候補入りしている映画のストーリーやキャスト、そして公開・配信情報を紹介したい。なお気になる受賞結果は、2022年3月28日に発表される。

『ベルファスト』

トロント国際映画祭で最高賞にあたる観客賞を受賞した映画、『ベルファスト』は俳優・監督・演出家として映画や舞台の最前線で活躍し続け、世界中から絶大な評価を得るケネス・ブラナーが、自身の幼少期を投影した自伝的作品。9歳の少年バディの目線を通して、愛と笑顔と興奮に満ちた日常と、激動の時代に翻弄され様変わりしていく故郷、ベルファストを克明に映し出す。

バディはベルファストで生まれ育ち、家族と友達に囲まれ、映画や音楽を楽しみ、充実した毎日を過ごしていた。笑顔にあふれ、たくさんの愛に包まれる日常は彼にとって完璧な世界だった。しかし、1969年8月15日、バディの穏やかな世界は突然の暴動により悪夢へと変わってしまう。プロテスタントの武装集団が、街のカトリック住民への攻撃を始めたのだ。

住民すべてが顔なじみで、まるでひとつの家族のようだったベルファストは、この日を境に分断されていく。暴力と隣り合わせの日々のなか、バディと家族たちは故郷を離れるか否かの決断に迫られるのだった。困難な状況におかれながらも、未熟だった殻を破って大人へと転換していくひとりの少年の成長と、その家族の強く気高い魂を力強く魅せている美しくも儚い白黒映像にも注目だ。

出演者にはジュディ・デンチをはじめ、『裏切りのサーカス』(2011)のキアラン・ハインズ、『フォードvsフェラーリ』(2019)のカトリーナ・バルフ、『フィフティ・シェイズ』シリーズのジェイミー・ドーナンらが名を連ねている。

なお同作は作品賞をはじめ、ジュディ・デンチが助演女優賞、キアラン・ハインズが助演男優賞、ケネス・ブラナーが監督・脚本賞、さらには歌曲賞と音響賞にもノミネートされている。

『ベルファスト』は、2022年3月25日より日本全国の劇場にて公開予定。

『コーダ あいのうた』

サンダンス映画祭で観客賞に輝き、配給権の争奪戦が勃発し、映画祭史上最高額で落札されたことでも大きな話題を呼んだ感動作、『コーダ あいのうた』。「CODA(コーダ)」とは、Children of Deaf Adults= “耳の聴こえない両親に育てられた子ども”の意。音楽用語としては、楽曲や楽章の締めを表す=新たな章の始まりの意もある。そんなふたつの意味が込められた本作は、『エール!』(2014)のハリウッドリメイク版だ。

豊かな自然に恵まれた海の町で暮らす高校生のルビーは、両親と兄の4人家族の中でひとりだけ耳が聞こえる。陽気で優しい家族のために、ルビーは幼い頃から通訳となり、家業の漁業も毎日欠かさず手伝っていた。新学期、秘かに憧れるクラスメイト、マイルズと同じ合唱部を選択する。すると顧問の先生が、ルビーの歌の才能に気づき、都会の名門音楽大学の受験を強く勧める。

しかし、ルビーの歌声が聞こえない両親は娘の才能を信じられず、家業の方が大事だと大反対。悩んだルビーは、夢よりも家族の助けを続けることを選ぶと決めるが、思いがけない方法で娘の才能に気づいた父は、意外な決意をするのだった。ルビーが少しずつで音楽と向き合い、外の世界や人と出会い、成⻑していく様子に感動せずにはいられないだろう。

主人公のルビーには、「ロック&キー」(2020-)のエミリア・ジョーンズ。共演したフェルディア・ウォルシュ=ピーロは、『シング・ストリート』(2016)で観る者の胸を共感で震わせた俳優。そしてルビーの家族を演じるのは、『愛は静けさの中に』(1986)のマリー・マトリンをはじめ、全員が実際に耳の聞こえない俳優たち。監督を務めたシアン・ヘダーは、『タルーラ 〜彼女たちの事情〜』(2016)で知られる気鋭だ。なお作品賞のほか同作は、トロイ・コッツァーが助演男優賞、シアン・ヘダーが脚色賞に候補入りしている。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly