Menu
(0)

Search

マーベルドラマ「ロキ」はデヴィッド・フィンチャー作品からの影響あり ─ 監督&脚本家が認める

ロキ
(C)2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)によるドラマ「ロキ」では、どうやらデヴィッド・フィンチャー監督作品の影響を受けているようだ。

本作では、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)後を舞台に、“世界の時間”を監視する謎の組織・TVA(Time Variance Authority)に囚われているロキが、自由になるため自分が改変してしまった現実を元に戻し、“世界の時間”を修復する姿が描かれていく。いかにもタイムトラベルが鍵となりそうな本作だが、シリアスかつダークで、サスペンスやスリラーといったジャンルでおなじみのフィンチャー監督からの影響とは一体?

Deadlineの取材に応じた監督・製作総指揮のケイト・ヘロンによると、「ロキ」は『セブン』(1995)からかなりインスピレーションを与えられているという。同作は、“七つの大罪”に影響を受けた連続猟奇殺人事件を追う刑事たちの姿を描いたサスペンス。加えて、脚本のマイケル・ウォルドロンもまた、本作へ影響を与えた監督として、フィンチャー監督を挙げている。「『ゾディアック』(2007)からの影響を大きく受けています」。同作は実際に起きた連続殺人事件、「ゾディアック事件」を追う男たちを描いた作品である。

その理由については言及されていないが、『セブン』『ゾディアック』のようなサスペンス要素、もしくは先行試写を見た批評家が証言するように、それらは探偵物語的な側面に反映されているのかもしれない。「ロキ」は、Disney+ディズニープラス)にて、2021年6月9日(水)より日米同時配信だ。

Source: Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly