Menu
(0)

Search

「ロキ」シーズン2、新キャストに『ブラインドスポッティング』の俊英が決定 ─ 2022年6月より撮影中

ロキ
(C)2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のドラマシリーズ、ロキにシーズン2から加わる新キャストがひとり明らかになった。

Deadlineによると、新たに出演するのは『ブラインドスポッティング』(2018)の製作・脚本・出演を務めたラファエル・カザル。役どころは不明ながら“主要な役柄”での登場になるという。シーズン2の撮影は2022年6月中旬よりイギリスのパインウッド・スタジオで始まっており、すでにラファエルもロキ役のトム・ヒドルストン、メビウス役のオーウェン・ウィルソンらとともに現場に加わっている。

ラファエル・カザル
Photo by Chris Pizzello https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Rafael_Casal.jpg

「ロキ」シーズン1は『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)後の世界を舞台に、歴史を変えてしまったロキが“神聖時間軸”を乱したとしてTVA(時間変異取締局)に逮捕され、やがてエージェントのメビウスとともに危険な時間犯罪者を追いかける物語となった。シーズンのラストにはTVAの秘密が明かされたほか、世界に大きな変化が起こり……。シーズン1は米Rotten TomatoesにてMCUドラマでも指折りの評価を獲得しているため、シーズン2の内容にも期待がかかる。

シーズン2の監督を務めるのは、同じくMCUドラマ「ムーンナイト」(2022)を手がけたジャスティン・ベンソン&アーロン・ムーアヘッド。脚本はシーズン1の脚本チームに参加していたエリック・マーティンが執筆する。なお、前シーズンの脚本・製作総指揮を担当したマイケル・ウォルドロンも製作総指揮として企画に残留している。

なお「ロキ」シーズン2には、トム・ヒドルストンとオーウェン・ウィルソンのほか、ラヴォーナ・レンスレイヤー役のググ・バサ=ローの続投も判明済み。トムによるとシーズン1の出演者は「みんな戻ってくる」というが、その顔ぶれは公式発表を待ちたい。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly