Menu
(0)

Search

マーク・ウォールバーグ、スーパーヒーロー映画に出演しない理由とは? ─「マントとスーツが辛い」

マーク・ウォールバーグ
Photo by Eva Rinaldi https://www.flickr.com/photos/evarinaldiphotography/6908664833/ Remixed by THE RIVER

『トランスフォーマー』『テッド』シリーズをはじめ、『ブギーナイツ』(1997)『ディパーテッド』(2006)『ザ・ファイター』(2010)『ゲティ家の身代金』(2017)など幅広く活躍してきた俳優、マーク・ウォールバーグ。さまざまなジャンルの作品で圧倒的な存在感を放ってきた俳優だが、スーパーヒーロー映画”への出演歴はない。

近年、マーティン・スコセッシをはじめ、リドリー・スコットジェームズ・キャメロンローランド・エメリッヒといった映画界を代表する巨匠監督たちが、スーパーヒーロー/コミック映画に対して厳しい意見を発言しているが、マーク・ウォールバーグは決してそれらの作品に否定的というわけではないようだ。

Cinepopにてウォールバーグは、「僕は気に入っています。“これは映画ではない”というような純粋主義者ではありませんから」としながら、「これは観客が決めることですし、(スーパーヒーロー映画は)明らかに幅広く成功を収めています」と持論を展開している。それではなぜ、これまでスーパーヒーロー映画に興味を持たなかったのだろうか。「個人的には俳優として、マントとスパンデックススーツを着て、トレーラーから出て行くのは本当に辛いことなんですよ」。もっとも、DCやマーベル映画への出演の可能性を完全に否定しているわけではなく、「もしかしたら良い役が見つかるかもしれません。その時がくればわかりますよ」と続けている。

ちなみにウォールバーグは、ドラマ「600万ドルの男」(1973-1978)の映画化企画に情熱を注いでいたのだという。オリジナル版では、元宇宙飛行士が改造手術を受けて政府のエージェントとなり、その強化された力を駆使して活躍する姿が描かれた。1970年代、アメリカのドラマにおいて、スーパーヒーローブームを巻き起こすきっかけとなった作品としても知られている。Screen Rantによるとウォールバーグは、2014年から同映画化企画に主演として取り組んでおり、2020年5月31日の米国公開を予定していたが、2018年に公開予定から外されてしまったとのことだ。

Source: Cinepop , Screen Rant

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly