Menu
(0)

Search

2019年『アベンジャーズ』第4作以降、マーベル・シネマティック・ユニバースを引っ張る新たなヒーローとは?マーベル社長が構想を語る

2008年『アイアンマン』で始まったマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)は、2018年5月公開のシリーズ第3作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(原題:Avengers: Infinity War)』、そして2019年5月公開の第4作『アンタイトルド・アベンジャーズ(仮題)』で史上最大の転機を迎える。キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスが第4作で同役からの卒業を示唆しているほか、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は『インフィニティ・ウォー』が一部キャラクターの「最終章」になることを認めているのだ。

しかしヒーローたちが“卒業”しても、マーベル・シネマティック・ユニバースは2019年以降も続いていく。すなわち『アベンジャーズ』第4作以降を引っ張っていくニュー・ヒーローがMCUには必要なのである。しかし『アベンジャーズ』第4作以降、MCUのストーリーはどのように続いていくのか、その大きな流れを牽引するのは一体誰なのか……。

秘密主義のマーベル・スタジオは、いまだ『アベンジャーズ』第4作以降の計画をほとんど明かしていない。それどころか、今は同作までの製作に集中していると語っているほどだ。しかし、ファイギ社長が本当に何も考えていないワケがない。その構想の一部が、メディアサイト「io9」のインタビューで聞こえてきた。

MCUの「フェイズ4」を牽引するニュー・ヒーロー

『アベンジャーズ』第4作をもって、MCUは『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)に始まった「フェイズ3」を終了する。必然的に「フェイズ4」を動かす要素のヒントは、当然その直前にある『インフィニティ・ウォー』そして『アベンジャーズ』第4作に仕掛けられることになるはずだ……。

『アベンジャーズ』2作品のストーリーの詳細はわかっていないが、ファイギ社長はその“ヒント”のヒントを明かしている。

「(『アベンジャーズ』2作品で)起こることのほとんどは、ご想像の通り、“誰がよりふさわしいか”ということに大きな影響を受けているよ。私たちの手を取って、次なるMCUの具現化に導くのは誰なのか。それも地に足の着いた、リアリスティックな方法でね……ピーター・パーカー以外にいるかな?」

スパイダーマン:ホームカミング
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

スパイダーマン:ホームカミング』に次ぐ『スパイダーマン』シリーズの続編は、2019年7月5日に全米公開される予定だ。つまり『アベンジャーズ』第4作で「フェイズ3」が幕を閉じた、そのわずか2ヶ月後にピーター・パーカーの手で「フェイズ4」が幕を開けるのである。この公開スケジュールは、まさに“ピーターにMCUを牽引させる”という構想が大きな理由なのだという。

しかもファイギ社長によると、『アベンジャーズ』第3作・第4作と『スパイダーマン』続編の関係は『シビル・ウォー』と『ホームカミング』の関係によく似ているようだ。

「『シビル・ウォー』でトニーに(クイーンズへと)帰らされ、高校2年生の生活に戻ったことがピーターに影響を与えたように、『インフィニティ・ウォー』や『アンタイトルド(第4作仮題)』での出来事は、高校3年生の彼にどんな影響を与えるんだろうね

ただし『スパイダーマン』の続編がどんな物語になるのかは、2017年6月現在ほとんど決まっていないという。『ホームカミング』が全米公開される2017年7月7日以降、製作陣は具体的な検討作業に着手するようだ。とはいえ、その時系列と“詳細”はすでに決まっているようだが……。

ちなみに一つ気になるのは、マーベル・スタジオとソニー・ピクチャーズの業務提携が『スパイダーマン』続編をもって終了するという情報があることだ。新『スパイダーマン』は3部作構想ともいわれるだけに、両社は契約の更新に前向きなのかもしれないが、それでも今後のMCUをピーター・パーカーに背負わせるには不安定な状況ではないか……。

スパイダーマン以外の“ニュー・ヒーロー”候補

現在のMCUには、『スパイダーマン』以外にも大きな実績を積んだシリーズが存在する。『スパイダーマン』と同じく、「フェイズ4」での続編製作がすでに決定しているガーディアンズ・オブ・ギャラクシーだ。シリーズの舵を取るジェームズ・ガン監督は、第3作の製作発表にあたりこのようにコメントしていた

「(第3作は)『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のストーリーが完結して、新旧のマーベル・キャラクターを次の10年、それ以降へと押し出す助けになる。ケヴィン・ファイギやそのチームと一緒に、(MCUの)ストーリーが向かう場所を計画する手伝いをするだろうね」

おそらく残り2作を残しているであろう『スパイダーマン』、そして完結を迎える『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』。マーベル・シネマティック・ユニバースの「フェイズ4」は、ひとまずこの2作品が大きな軸となりそうだ。その後、果たしてスパイダーマンが物語を引っ張っていくのか、それとも別のヒーローがさらにバトンを受け取るのか……。なんとなく大きな役割を担いそうなのはベネディクト・カンバーバッチ扮するドクター・ストレンジだが、単独映画の続編はいまだアナウンスされていない。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年5月4日、『アベンジャーズ』第4作は2019年4月26日(金)に全米公開予定。なおMCUの今後を担うというスパイダーマンは、2017年8月11日公開の『スパイダーマン:ホームカミング』で単独映画デビューを果たす。

 

Source: http://io9.gizmodo.com/the-next-spider-man-film-will-be-the-civil-war-of-marve-1796402155
Eyecatch Image: https://www.amazon.co.jp/アイアンマン-SPE-BEST-Blu-ray-ジェフ-ブリッジス/dp/B012VQCYL8/

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly