2019年『アベンジャーズ』第4作以降、マーベル・シネマティック・ユニバースを引っ張る新たなヒーローとは?マーベル社長が構想を語る

2008年『アイアンマン』で始まったマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)は、2018年5月公開のシリーズ第3作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(原題:Avengers: Infinity War)』、そして2019年5月公開の第4作『アンタイトルド・アベンジャーズ(仮題)』で史上最大の転機を迎える。キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスが第4作で同役からの卒業を示唆しているほか、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は『インフィニティ・ウォー』が一部キャラクターの「最終章」になることを認めているのだ。

マーベル社長『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』が一部キャラクターの「最終章」であることを認める


しかしヒーローたちが“卒業”しても、マーベル・シネマティック・ユニバースは2019年以降も続いていく。すなわち『アベンジャーズ』第4作以降を引っ張っていくニュー・ヒーローがMCUには必要なのである。しかし『アベンジャーズ』第4作以降、MCUのストーリーはどのように続いていくのか、その大きな流れを牽引するのは一体誰なのか……。

秘密主義のマーベル・スタジオは、いまだ『アベンジャーズ』第4作以降の計画をほとんど明かしていない。それどころか、今は同作までの製作に集中していると語っているほどだ。しかし、ファイギ社長が本当に何も考えていないワケがない。その構想の一部が、メディアサイト「io9」のインタビューで聞こえてきた。

MCUの「フェイズ4」を牽引するニュー・ヒーロー

『アベンジャーズ』第4作をもって、MCUは『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)に始まった「フェイズ3」を終了する。必然的に「フェイズ4」を動かす要素のヒントは、当然その直前にある『インフィニティ・ウォー』そして『アベンジャーズ』第4作に仕掛けられることになるはずだ……。

『アベンジャーズ』2作品のストーリーの詳細はわかっていないが、ファイギ社長はその“ヒント”のヒントを明かしている。

「(『アベンジャーズ』2作品で)起こることのほとんどは、ご想像の通り、“誰がよりふさわしいか”ということに大きな影響を受けているよ。私たちの手を取って、次なるMCUの具現化に導くのは誰なのか。それも地に足の着いた、リアリスティックな方法でね……ピーター・パーカー以外にいるかな?」

スパイダーマン:ホームカミング

©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

『スパイダーマン:ホームカミング』に次ぐ『スパイダーマン』シリーズの続編は、2019年7月5日に全米公開される予定だ。つまり『アベンジャーズ』第4作で「フェイズ3」が幕を閉じた、そのわずか2ヶ月後にピーター・パーカーの手で「フェイズ4」が幕を開けるのである。この公開スケジュールは、まさに“ピーターにMCUを牽引させる”という構想が大きな理由なのだという。

しかもファイギ社長によると、『アベンジャーズ』第3作・第4作と『スパイダーマン』続編の関係は『シビル・ウォー』と『ホームカミング』の関係によく似ているようだ。

「『シビル・ウォー』でトニーに(クイーンズへと)帰らされ、高校2年生の生活に戻ったことがピーターに影響を与えたように、『インフィニティ・ウォー』や『アンタイトルド(第4作仮題)』での出来事は、高校3年生の彼にどんな影響を与えるんだろうね

ただし『スパイダーマン』の続編がどんな物語になるのかは、2017年6月現在ほとんど決まっていないという。『ホームカミング』が全米公開される2017年7月7日以降、製作陣は具体的な検討作業に着手するようだ。とはいえ、その時系列と“詳細”はすでに決まっているようだが……。

ちなみに一つ気になるのは、マーベル・スタジオとソニー・ピクチャーズの業務提携が『スパイダーマン』続編をもって終了するという情報があることだ。新『スパイダーマン』は3部作構想ともいわれるだけに、両社は契約の更新に前向きなのかもしれないが、それでも今後のMCUをピーター・パーカーに背負わせるには不安定な状況ではないか……。

スパイダーマン、『ホームカミング』続編でマーベル・シネマティック・ユニバースを離脱?ソニーの新ユニバースへ移行か

スパイダーマン以外の“ニュー・ヒーロー”候補

現在のMCUには、『スパイダーマン』以外にも大きな実績を積んだシリーズが存在する。『スパイダーマン』と同じく、「フェイズ4」での続編製作がすでに決定している『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』だ。シリーズの舵を取るジェームズ・ガン監督は、第3作の製作発表にあたりこのようにコメントしていた

「(第3作は)『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のストーリーが完結して、新旧のマーベル・キャラクターを次の10年、それ以降へと押し出す助けになる。ケヴィン・ファイギやそのチームと一緒に、(MCUの)ストーリーが向かう場所を計画する手伝いをするだろうね」

おそらく残り2作を残しているであろう『スパイダーマン』、そして完結を迎える『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』。マーベル・シネマティック・ユニバースの「フェイズ4」は、ひとまずこの2作品が大きな軸となりそうだ。その後、果たしてスパイダーマンが物語を引っ張っていくのか、それとも別のヒーローがさらにバトンを受け取るのか……。なんとなく大きな役割を担いそうなのはベネディクト・カンバーバッチ扮するドクター・ストレンジだが、単独映画の続編はいまだアナウンスされていない。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年5月4日、『アベンジャーズ』第4作は2019年5月3日に全米公開予定。なおMCUの今後を担うというスパイダーマンは、2017年8月11日公開の『スパイダーマン:ホームカミング』で単独映画デビューを果たす。

 

Source: http://io9.gizmodo.com/the-next-spider-man-film-will-be-the-civil-war-of-marve-1796402155
Eyecatch Image: https://www.amazon.co.jp/アイアンマン-SPE-BEST-Blu-ray-ジェフ-ブリッジス/dp/B012VQCYL8/

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。