Menu
(0)

Search

『ミッション:インポッシブル』続編2部作、監督が「本当に恐ろしい」と胸中語る ─ 「なぜ2本作るのかを示さねばならない」

ミッション:インポッシブル/フォールアウト
© 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018)のクリストファー・マッカリー監督が、2021年・2022年に連続公開される『ミッション:インポッシブル』第7作・第8作(タイトル未定)を手がける心境を語った。

1996年、ブライアン・デ・パルマ監督による第1作を皮切りに、『ミッション:インポッシブル』シリーズは全6作が製作されている。前作『フォールアウト』(2018)は批評家から絶賛され、全世界興行収入7億9,111万ドルの大ヒット。マッカリーは『ローグ・ネイション』(2015)に続いてメガホンを取り、シリーズで初めて複数の作品を手がけた監督となった。

 ミッション:インポッシブル/フォールアウト
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

第7作・第8作の撮影開始を2021年1月に控える今、マッカリーは脚本の執筆など準備作業の真っただ中にあるとみられる。英Empireにて、マッカリーは不安な心境を吐露しているのだった。

「映画2本のアイデアを提案しました。これから僕は、なぜ2本作るのかという理由を示さなければいけません。その理由がきちんと分かっていないといけないし、過去3作品をすべて取り込んだ作品を作らなければいけない。本当に恐ろしいですよ。(続編を作ることは)自分たち自身を説き伏せているようなもの。とんでもないですよ。」

このコメントから察するに、やはり『ミッション:インポッシブル』第7作・第8作はシリーズ始まって以来の「前後編」構成になるのだろう。しかもストーリーは、自身が監督を務めた『ローグ・ネイション』『フォールアウト』のみならず、脚本に関わった第4作『ゴースト・プロトコル』(2011)をも踏まえた内容になりそうだ。

ちなみに、破格のスケールをとにかく追求し、トム・クルーズが自ら危険なスタントに挑み続ける本作は、前作公開後から「次は宇宙行きを」との要望が聞かれている作品でもある。トム自身が宇宙行きの任務を「すでに考えている」と述べたことで、このアイデアは一種のミームと化している感すらあるが、果たして監督本人はどう考えているのか。

「(しばし考えてから)月に行くには、ひとつ問題があるわけです。どうやって帰ってくるのか、というね」

もはや筆者には、宇宙服で大気圏を突破して帰ってくるトムの姿しか想像できない。

映画『ミッション:インポッシブル』第7作は2021年7月23日に、第8作は2022年8月5日に米国公開予定。前作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』Blu-ray&DVDは発売中。

こんな話もありました

Source: Empire

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly