Menu
(0)

Search

『ミッション:インポッシブル』第7作、本国では公開45日後に配信行きへ ─ 米パラマウントの新たな試み

ミッション:インポッシブル/フォールアウト
(c) 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

トム・クルーズ主演の人気スパイアクションシリーズ『ミッション:インポッシブル』第7作(タイトル未定)の公開方法を巡って新たな動きだ。本国アメリカでは劇場公開から45日後に、製作・配給を担当する米パラマウント・ピクチャーズを擁する米ViacomCBSの新ストリーミングサービス「Paramount +」でリリースされることがわかった。米Deadlineが伝えている。

「Paramount+」は、2021年3月4日にアメリカ&ラテンアメリカ&カナダ、3月25日に北欧諸国にてサービスが開始予定。『ミッション:インポッシブル』第7作の米劇場公開日、2021年11月19日に変更が無い場合、本作の「Paramount+」でのリリース開始は、45日後の2022年1月3日となる。コロナ禍による不確定性を鑑みたものだと見られる。

『ミッション:インポッシブル』第7作のほか、エミリー・ブラントが主演を務める大ヒットホラー映画『クワイエット・ プレイス』(2018)の続編映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』(旧題『クワイエット・プレイス PARTII』)に対しても、同じ公開方法が採用されるという。同作の米劇場公開日は2021年9月17日。こちらも公開日に変更がなければ、「Paramount+」での配信開始日は同年11月1日となりそうだ。ちなみに、「Paramount+」を巡る日本での展開は不明。

パラマウントが新たに下した決断が、コロナ禍における一時的なものなのか、あるいは「Paramount +」を有効活用した新たな試みとして継続的に行われていくのかは定かでない。ともあれ、すでに劇場公開とストリーミング配信を活用した公開方法をスタートさせているDisney+(ディズニープラス)やHBO Maxの後に続く動きであることには違いない。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly