Menu
(0)

Search

『ミッション:インポッシブル』最新作、スタント爆発事故で撮影再び中断 ─ トム・クルーズは「かなりの鬱憤」と報道

ミッション:インポッシブル/フォールアウト
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

2020年8月上旬より部分的に再開されていたアクション映画『ミッション:インポッシブル』第7作(タイトル未定)の撮影が、思わぬ形で再び中断となってしまったことがわかった。非常に費用のかかるスタント撮影で爆発事故が発生してしまったのだという。The Sunなど、海外メディアが報じている。

撮影は2月下旬にイタリア・ヴェネツィアで開始されていたが、コロナ禍を受けて中断。9月にも撮影再開が見込まれていたが、どうやら他のキャストに先がけて、主演のトム・クルーズはイギリス・オックスフォードシャーにて屋外シーンの撮影を再開していたようだ。

その最中、スタントマンにより行われたバイク・スタントの撮影時に事故が発生。報道によれば、同シーンは高所から飛び降りるスタントで、スタントマンは落下中にバイクから離れて巨大なクッションに着地する流れだったという。しかし、「計算違い」が原因で、バイク着地の際にタイヤの摩擦熱がクッション材に引火、これが爆発に繋がったと見られている。

幸いなことに、事故による負傷者は出ていないとのこと。しかし同シーン撮影には、実施当日の6週間前から大規模なセット設営が行われ、英国で予定された撮影の中で最高額にも及ぶ予算が費やれていた為、影響や損失は甚大である模様。なお、事故当日には現地の消防隊や救急隊が現場に派遣されたという。現場は一時的に閉鎖され、事故発生の原因究明が行なわれているとも伝えられている。

元々はイタリアにて再開予定だった本作の撮影スケジュールは、新型コロナウイルスの影響による紆余曲折を経て、イギリスで再開されていた。ウイルス感染の可能性を下げるためか、屋外シーンでの撮影を優先的に行うことも判明していた中、今回の事故により、屋外シーンの撮影すらも中断されてしまったというわけだ。この状況に、主演兼プロデューサーのトムも頭を抱えている模様。The Sunによれば、トムは予想外のハプニング、そして幾度に渡る撮影中断に「かなりの鬱憤を溜めている」という。

ちなみに、前作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018)の撮影時には、トムが足首を骨折するという事故が発生、回復を待つために撮影が中断されていた。第7作の撮影再開時期は不明ではあるが、まずはトム含めた撮影クルーの安全を優先した撮影を願いたい。

あわせて読みたい

Source: MetroThe Sun

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly