Menu
(0)

Search

「ストレンジャー・シングス」ミリー・ボビー・ブラウン、DCもマーベルも『ハリー・ポッター』も見たことがない

ミリー・ボビー・ブラウン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/43724155691/

Netflixオリジナルシリーズ「ストレンジャー・シングス」(2016-)のイレブン役で知られる若手実力派女優、ミリー・ボビー・ブラウン。2021年3月下旬、ブラウンは、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)や、DCコミックスによる映画化企画への出演の話し合いの場に参加したことがあると明かしていた

ところが、MTV Newsのインタビューでは「マーベル映画も、DC映画も全く見たことがありません」と話している。「驚きましたよね。あまり私の好みの作品ではありませんが、もちろん受け入れる余地はあります」としながら、「『きみに読む物語』のような作品にもっと興味がある」のだという。コミックよりもロマンス映画の方に関心があるということだろう。

「ストレンジャー・シングス」では、念力のような超能力を使える人物を演じているブラウン。ロマンス映画の方が今は興味があるというのは、スーパーヒーローのような役柄をすでに演じているからのようだ。「もっと現実味のあるものが見たいんです」。

またDCやマーベルだけでなく、ほかにも誰もが知るシリーズで、見たことがないのがあるのだという。「ハリー・ポッター』も一度も見たことがありません。たくさんの友達に“なぜ?”と言われることがあるのですが、“わからない”と答えています」。

ちなみにブラウンは次回作として、『ゴジラvsコング』(2021年5月14日公開)が待機中だ。ほか、アンソニー&ジョー・ルッソ監督によるSF映画『The Electric State(原題)』、Netflixによるファンタジー映画『Damsel(原題)』、ジェイソン・ベイトマン製作のNetflix映画など。いつの日か、ブラウンがDCやマーベル作品に登場する日が来ることを願いたいところだ。

あわせて読みたい

Source: MTV News

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly