Menu
(0)

Search

『ミニオンズ フィーバー』米公開が無期延期、新型コロナウイルスのため製作が進められず

ミニオンズ フィーバー
(C)2020 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED

『怪盗グルー』シリーズから飛び出したミニオンたちの物語『ミニオンズ』シリーズ最新作として製作されていたミニオンズ フィーバー』が、2020年7月3日に予定していた米公開日を無期延期すると発表された。日本では7月17日の公開を予定していたが、これを受けて影響が及ぶと見られる。米Varietyが伝えた。

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によって、現在アメリカでは大手映画館チェーンの多くが休館状態となっており、その館数は約4,000館にものぼる。映画業界は事実上、その経済活動が停止に追いやられている状態だ。7月公開予定だった『ミニオンズ フィーバー』の延期は、この状況が夏頃まで長引くと考えられていることを示唆するものだが、本作の場合は他の理由がある。

「フランスにおける状況が重大化していることを受け、私共はパリのイルミネーション・マック・ガフ(制作会社)を一時閉鎖しております。フランス政府のガイドラインを順守し、ウイルスの感染拡大を可能な限り遅らせるための全ての手段を行う決断であり、私共のアーティストやその家族を守るためのものです。」製作のイルミネーション・エンターテインメントCEOクリス・メレダンドリ氏は声明を発表している。

これにより、『ミニオンズ フィーバー』の製作を、6月下旬から7月上旬に予定しておりました世界配給までに完了させることが出来なくなりました。私共はこの危機的状況に一丸となって取り組む一方、すべての従業員の安全保護に務めなくてはなりません。怪盗グルーとミニオンたちが戻ってくる新たな公開日が定まりますことを楽しみにしております。」

『ミニオンズ フィーバー』米配給のユニバーサル・ピクチャーズは、5月22日米公開予定だった『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』の公開を2021年4月まで延期すると発表していた。また、『透明人間』など劇場公開中の作品をデジタル配信している。新型コロナウイルスの影響が、夏公開の作品にまで及ぶこととなった。

Source:Variety

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly