Menu
(0)

Search

『マトリックス レザレクションズ』バッグス役、『シャン・チー』出演との選択を迫られていた「赤いピルと青いピルの瞬間でした」

マトリックス レザレクションズ
©2021 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

ファン待望の映画『マトリックス レザレクションズ』にバッグス役で出演しているジェシカ・ヘンウィックは作品に参加するにあたって、重要な選択を迫られていたという。同時期に、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』のオーディションにも参加していたというのだ。

Entertainment Weeklyによれば、ヘンウィックは『シャン・チー』のオーディションでも最終審査まで進んでいたという。さらに、『マトリックス』製作の米ワーナー・ブラザース、『シャン・チー』製作の米ディズニーは、ヘンウィックがオーディションの参加状況を把握しており、決断は本人に委ねたのだそう。

『マトリックス』シリーズでは、キアヌ・リーブス演じるトーマス・アンダーソン/ネオが、真実を知ることができる赤いピル、何も知らずに元の世界に戻れる青いピルの選択を迫られる。意味合いこそ違えど、ネオと同様にヘンウィックも重要な選択を迫られていたのだ。ヘンウィックは当時を「私にとっては赤いピルと青いピルの瞬間でした」と振り返っている。

ところで、ヘンウィックはNetflix製作のマーベルドラマ「Marvel アイアン・フィスト」(2017-2018)のメインキャラクター、コリーン・ウィング役でも知られている。結果的に『シャン・チー』に出演することはなかったが、これは賢明な判断だったのかもしれない。というのも、Netflixのドラマ作品群に登場したキャラクターの所有権は2021年初頭にマーベル・スタジオに移り、契約上MCU合流が可能になったのだ。直近でも大きな動きがMCUドラマ「ホークアイ」で見られた

2018年に「アイアン・フィスト」の打ち切りが発表された際の制作側の声明では「Netflixのシリーズは終了しますが、不滅のアイアン・フィストはこれからも生き続けます」と言われていたが、もしかするとコリーンにも未来があるかもしれない。

ちなみに、ヘンウィックはラナ・ウォシャウスキー監督から受けた『レザレクションズ』のオファーを一度断っていたことをTHE RIVERとのインタビューで語っていた。その理由がなんともマイペースなのだが、こちらの記事でご確認いただきたい。

あわせて読みたい

Source: Entertainment Weekly

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly