Menu
(0)

Search

『アントマン&ワスプ』監督、「ファンタスティック・フォー」再映画化に意欲 ― 「最高の映画版を作る余地ある」

ファンタスティック・フォー
© 2015 MARVEL

マーベル・シネマティック・ユニバース作品『アントマン』(2015)、その続編である『アントマン&ワスプ』(2018年8月31日公開)のペイトン・リード監督が、人気コミック「ファンタスティック・フォー」の再映画化に強い意欲を示した

Forbes誌によれば、これまで『イエスマン “YES”は人生のパスワード』(2008)など数々のコメディ映画を制作してきたペイトン監督は、2003年に20世紀フォックスにて「ファンタスティック・フォー」の映画化企画に携わっていたという。しかし制作途中でプロジェクトを離脱し、映画『ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]』(2005)ではティム・ストーリーがメガホンを取った。のちに『アントマン』でヒーロー映画に進出したペイトン監督だが、このジャンルを手がけることはかねてからの夢だったそうだ。

アントマン&ワスプ
『アントマン&ワスプ』より MARVEL/PLANET PHOTOS 写真:ゼータ イメージ

そんなペイトン監督は、ウォルト・ディズニー・カンパニーが20世紀フォックスを買収する(=ファンタスティック・フォーがマーベル・シネマティック・ユニバースに合流する)可能性が高まっていることを受けて、ふたたび「ファンタスティック・フォー」の映画化に思いを馳せているようだ。

「ディズニーとフォックスが事業を統合する可能性があったり、僕が以前の『ファンタスティック・フォー』に関わっていたりしたことで、今までにも(再映画化については)質問されてるんですよね。コミックの『ファンタスティック・フォー』はすさまじい価値がある作品です。僕は今でも、信じられないほど見事な、最高の映画版を作る余地はあると思ってますよ。」

また米CinemaBlendのインタビューにて、ペイトン監督は「(ファンタスティック・フォーを撮るという)夢を持つことはできますよね。そういう夢があるんです。時が来ればわかることですよ」と発言。あくまで自身の手による再映画化を望んでいたのだ。

しかし問題は、ディズニーとフォックスの事業統合がどのように進行するかである。ペイトン監督も「合併は決まったことではありませんよね」と述べているように、今後の展開は不透明。2018年6月下旬にはディズニーによる事業買収が米司法省の承認を得たことが判明しているが、ディズニーの競合相手である米コムキャストが再入札に出る可能性も否めず、まだ事態がどう転ぶかは予測しきれない……。

ところで、もしもペイトン監督による映画版『ファンタスティック・フォー』が実現するとして、作品はどんな内容になるのだろうか? 『アントマン』シリーズに引っ掛けつつ、監督はこのように述べている。

「映画版『アントマン』は、『ファンタスティック・フォー』と同じテーマをたくさん扱っていると思っていますよ。」

映画『アントマン&ワスプ』は2018年8月31日より全国ロードショー。なお20世紀フォックスによる映画版『ファンタスティック・フォー』全3作(リブート版含む)はブルーレイ&DVDが現在発売中。

『アントマン&ワスプ』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/antman-wasp.html

Sources: Forbes, CB
© 2015 MARVEL

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly