Menu
(0)

Search

『パイレーツ・オブ・カリビアン』リブート企画、ディズニー幹部が存在認める ─ ジョニー・デップ卒業説にはコメントせず

Prod DB © Walt Disney Pictures 写真:ゼータ イメージ

人気海洋冒険映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのリブート企画について、ディズニーの幹部が初めて認めた。米The Hollywood Reporterの取材に対して、ウォルト・ディズニー・スタジオで実写映画を統括するショーン・ベイリー氏がコメントしている。

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズはディズニー・パークのアトラクション「カリブの海賊」を原案とする実写映画で、ジョニー・デップ演じるジャック・スパロウを主人公に、2003~2017年にかけて計5作品が製作され、総興行収入45億ドルを記録。第6作の計画もあるとされていたが、2018年10月にリブート企画の存在が報じられ、直後にはジョニー・デップの卒業説も語られていた。

現在、リブート企画の新たな脚本家として伝えられているのは『デッドプール』シリーズを手がけたレット・リース&ポール・ワーニック。このたびショーン氏は、レット&ポールがなんらかの作業に入っていることを認めている。

「(『パイレーツ・オブ・カリビアン』に)新しいエネルギーとバイタリティを取り入れたいんです。私は『パイレーツ』シリーズが大好きですが、それでもポール&レットが非常に面白いのは、強烈な刺激を求めているから。だから二人と仕事をしているんですよ。」

The Hollywood Reporterのインタビュアーは、ショーン氏に「『パイレーツ』シリーズはジョニー・デップ抜きでも成功するんでしょうか?」とあえて挑発的な質問をぶつけている。しかしショーン氏は、この問いに対する明確な答えを返さなかった。ジョニー演じるジャック・スパロウの再登場については不透明なままだが、やはり卒業の可能性はあるということなのか。なお以前の報道によれば、リブート企画にはプロデューサーのジェリー・ブラッカイマーが続投しているとのことだ。

レット・リース&ポール・ワーニックは『デッドプール』シリーズのほか、今後は『ゾンビランド2(仮題)』やライアン・レイノルズ主演&マイケル・ベイ監督の『6 Undergrounds(原題)』、マット・デイモン主演&ベン・アフレック監督の実話犯罪映画(タイトル未定)、ライアン・レイノルズ製作による推理ボードゲーム「Cluedo(クルード)」の映画化企画が待機中。『パイレーツ・オブ・カリビアン』リブート企画が実際に製作へと進められる場合、それはいつの話になるのだろう……?

Source: THR

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly