Menu
(0)

Search

『パイレーツ・オブ・カリビアン』リブート企画が始動 ― 『デッドプール』脚本家が契約交渉中

ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ製作、「カリブの海賊」を原案とする人気海洋冒険映画シリーズ『パイレーツ・オブ・カリビアン』にリブート企画が存在することがわかった。米Deadlineなど複数のメディアが伝えている。

報道によると、ディズニーは『パイレーツ・オブ・カリビアン』のリブートを模索している段階とのこと。スタジオは『デッドプール』シリーズの脚本家であるレット・リース&ポール・ワーニックと面会を済ませており、両者は契約交渉の初期段階にあるという。

企画を模索中、契約交渉の初期段階、という言葉から容易に想像されるように、『パイレーツ・オブ・カリビアン』のリブート企画はまだ動き始めたばかりとみられる。Deadlineは、シリーズのプロデューサーであるジェリー・ブラッカイマーは続投すると伝えているものの、ジャック・スパロウ役のジョニー・デップをはじめとした関係者が復帰する可能性については「時期尚早」だと記した。

Prod DB © Walt Disney Pictures 写真:ゼータ イメージ

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズは、2003年公開『呪われた海賊たち』を皮切りに、『デッドマンズ・チェスト』(2006)、『ワールド・エンド』(2007)、『生命の泉』(2011)、『最後の海賊』(2017)の計5本が製作された。全世界における累計興行収入は45億ドルにものぼるメガヒット・シリーズだ。ただし『最後の海賊』の米国興収はスタジオ側の期待に届いておらず、シリーズの刷新が検討されること自体は不思議ではない。

ただしディズニーは、その一方でシリーズ第6作の企画を進めているともみられてきた。カリーナ・スミス役のカヤ・スコデラリオが出演契約を残しているほか、2018年8月、一部報道では『最後の海賊』を執筆したジェフ・ナサンソン&テリー・ロッシオが脚本作業を進行中で、ヨアヒム・ローニング監督も復帰する見込みだと伝えられていたのだ。ただしリブート企画が現実化するなら、おそらく続編は製作されないことになるだろう。

このたび契約交渉に参加しているレット・リース&ポール・ワーニックは、先述した『デッドプール』シリーズのほか、今後は『ゾンビランド2(仮題)』やライアン・レイノルズ主演&マイケル・ベイ監督による『6 Undergrounds(原題)』、マット・デイモン主演&ベン・アフレック監督による実話犯罪映画(タイトル未定)を控えている。さらにライアン・レイノルズが製作を務める、推理ボードゲーム「Cluedo(クルード)」の映画化企画にも交渉中だと以前報じられていた。いまや、ハリウッドに欠かせない人気脚本家コンビだといっていいだろう。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』リブート企画の詳細は不明。続報の到着を待ちたい。

Sources: Deadline, Variety, GWW
Eyecatch Image: Prod DB © Walt Disney Pictures 写真:ゼータ イメージ

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly