Menu
(0)

Search

『パシフィック・リム』のアトラクションがインドネシアで登場へ ─ 搭乗時間20分、イェーガーと共に怪獣と戦え

パシフィック・リム:アップライジング
©Legendary Pictures/Universal Pictures.

巨大ロボットと怪獣の戦いという夢とロマンの詰まった映画『パシフィック・リム』シリーズはまるでアトラクションに乗ったような映画だったが、本当にアトラクションが登場する。しかもライドの搭乗時間はおよそ20分だとか。

『パシフィック・リム』を愛する世界中の少年少女の夢を乗せたライドが発進するのは、インドネシアはジャカルタの屋内型テーマパーク、Trans Studio Cibuburだ。新たに登場する『パシフィック・リム:シャッタードーム・ストライク(原題:Pacific Rim: Shatterdome Strike)』は、映画に基づいた「画期的なメガ・ダーク・ライド」になるという。英Entertainment WeeklyInPark Magazineが詳しく伝えている。

「没入型シアター・ダーク・ライド」と表されるこの次世代型アトラクションで、ゲストはPPDC(環太平洋防衛軍)のイェーガー(マーク7)、STORM GARUDAと共に、実に20分近くかけて4つのセクションを進み、新登場の3種の怪獣と対峙する。3D映像や特殊効果、そして最先端のライドがシームレスに融合された巨大なライド体験が楽しめる。

もちろん製作はLegendary Entertainmentとの共同だ。新しいストーリー要素やテクノロジー、クリーチャーが登場し、これらは『パシフィック・リム』の正史に適応されるという。

「驚きの仕掛け」も待っているそうで、この企画を手掛けたLegacy Entertainmentのエリック・カーネギー氏は「業界屈指のユニークな体験がお楽しみ頂けます。テーマパークのお客様がこれまでにどんな体験をしていようとも、『パシフィック・リム:シャッタードーム・ストライク』には驚かされるはずですよ」と自信満々だ。

現時点でこのアトラクションのオープン日などは未発表。テーマパークの公式サイトには、(妙にチープな)ビジュアルも掲載されている。また、英Entertainment Weeklyではアトラクションのコンセプト・アートもいつか確認することができる。

Source:EW,InPark Magazine

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly