「一緒に自撮りしない?」『パシフィック・リム:アップライジング』来日のスコット・イーストウッド、和やかインタビュー

映画『パシフィック・リム:アップライジング』が、2018年4月13日(金)より待望の日本公開となった。ギレルモ・デル・トロ監督による大ヒットの続編となる本作からは、大物映画監督クリント・イーストウッドを父に持ち、『スーサイド・スクワッド』(2016)や『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017)『スクランブル』(2017)など話題作への出演相次ぐスコット・イーストウッドが参戦。THE RIVERでは、来日したスコットへインタビューを行った。

『パシフィック・リム:アップライジング』スコット・イーストウッド インタビュー

©THE RIVER

新田真剣佑とも語り合った仲に

『パシフィック・リム:アップライジング』でスコットが演じたのは、PPDC(環太平洋防衛軍)トップクラスのパイロットであり、ジョン・ボイエガ演じるジェイク・ペンタコストと共にジプシー・アベンジャーに乗り込むネイト・ランバート。「SF映画に出演するのは初めてのチャレンジ。僕は『ウルトラマン』を始めとする特撮モノや怪獣映画の大ファンだったから、この作品に出られて最高の気分です」と胸を張った。


本作でスコット・イーストウッドは、白人、黒人、アジア人といった様々な国籍の精鋭が集まった新世代パイロット訓練生らと共に、一丸となってKAIJUに立ち向かう。「グローバルな作品になって嬉しい」というスコットは、ワールドワイドなキャストとの共演エピソードを語る。

「世界中から集まった出演者のみんなで、自分がどんな所から来たのか、どんな子供時代を過ごしたのか、信じるものについてや、どんな人生を送っているのか、など、たくさん語り会ったのが楽しかった。今作のようなグローバルな作品に出演すると、様々な人生観に触れられて嬉しいですね。中には、自分が思いもしかなったようなものもあるから、こうした出会いはとても大事なことだと思います。僕も一人の人間として、一回り大きくなれた気がしますよ。」

日本からは前作に引き続き森マコ役の菊地凛子が登場するほか、新世代のパイロット訓練生の一員として新田真剣佑も参戦している。新田真剣佑どんな会話を?

新田真剣佑とも沢山語らいましたよ。日本映画の話もたっぷり。僕は『用心棒』などの黒沢映画の大ファンでして、今でもすごい影響力があるよね、みたいな話をしていました。」

映画『パシフィック・リム:アップライジング』ジャパンプレミア

©THE RIVER

 

イェーガーVSウルヴァリン、ゴジラ?

ところでスコット・イーストウッドと言えば、マーベル映画『X-MEN』シリーズでヒュー・ジャックマンを継いで次期ウルヴァリン役を演じたいと熱意を語っていたことがファンの間で話題になっていた。では、もしも大好きなウルヴァリンとイェーガーが戦ったとしたら、勝つのはどちらだろう?

「良い質問ですね…。(しばらく考え込んで)ウルヴァリンの方が不利だよね?でも、僕はそういう状況の方が燃えるんだよね。どうかな、ウルヴァリンが勝つかも?激戦になりそう(笑)。」

『パシフィック・リム』は、こうした他のユニバースとのクロスオーバーの可能性が楽しみに語られるフランチャイズだ。スティーブン・S・デナイト監督も『GODZILLA ゴジラ』(2014)からなるモンスター・ユニバースとのクロスオーバーを希望していたが、スコット自身の興味は?

「ありますよ。やっぱり『ゴジラ』や『キングコング』が良いですね。有名な怪獣が全て集まるユニバースも良いかも。」

では、もしもイェーガー対ゴジラ戦が勃発したとしたら、PPDC側に勝算は?

「うーん、ゴジラは究極の怪獣ですし…、不安だなぁ。だってゴジラでしょ?どうかなぁ。」

イェーガーは、2人のパイロットによって操縦され、神経同調システムを通じて互いの脳波がシンクロすればするほどに能力を発揮できる。そのため、パイロットらはお互いの記憶を共有することもあるのだが、もしもスコットが自分の兄弟と共にイェーガーと乗り込むなら?と尋ねると、「絶対無理!何考えてるかなんて知りたくないですよ(笑)」とキッパリ拒否。では、劇中で共にイェーガーに搭乗したジョン・ボイエガとならどうかと聞き直したところ、「もちろん。っていうか、もうやった(笑)。僕らはもう一心同体ですから。」イェーガー・パイロットの絆は固い。

パシフィック・リム:アップライジング

©Legendary Pictures/Universal Pictures.

そんなイェーガーを全身で操縦するアクション・シーンについて、ジョン・ボイエガはTHE RIVERの取材で「スコットと2週間コンポッドに籠もって」ハードな撮影に挑んだと語っていた。ボイエガ曰く、劇中では「素でキツい顔をしている」ほど時に過酷な撮影だったそうだが…?

「アクションの撮影は、楽しい時と辛い時の両方がありましたね(笑)。スーツを着たまま、一日12〜15時間ぶっ続けで撮影したこともありました。ハードでしたが、その分頑張った甲斐がありましたよ!完成した映画を観た時は、”イェアー!”って叫んだくらいです。」

その過程で、残念ながら本編からカットされてしまった未公開シーンも「あります。すごくあります。とってもあります」と明かした。「ジョンとのシーン、チームとのシーン、森マコとのシーン…使われなかったシーンもあるけれど、それだけタイトに、(指をならしながら)ペースに注意を払って作られたわけです。」

『パシフィック・リム:アップライジング』スコット・イーストウッド インタビュー

©THE RIVER

スティーブン・S・デナイト監督は、既にシリーズ三作目となる続編を視野に入れているというが、スコットにも尋ねてみると、「計画中です」と認めた。「もしも『アップライジング』が好評だったら実現するかもしれません。」ファンは、ネイト・ランバートのスピンオフも観てみたいのではないだろうか。「ありがとう(笑)。機会があれば、僕もキャラクターをより掘り下げてみたいですね。」

ちなみにスコットは日本の航空会社ANA(全日本空輸)とパートナーシップを締結しており、2017年の12月にも来日を果たしている。「ANAは素晴らしいパートナー。世界一の航空会社だと思います」と語るスコットは、日本滞在を心から楽しみ、自身のInstagramにその様子を投稿していた。

「日本人には敬意や尊厳があって、建築物から食べ物、衛生面など至る所で感銘を受けています。道にはゴミも落ちていなくて綺麗ですし、全ての物事に敬意が払われている感じが本当に素晴らしいと思う。初めて日本に来た時は、”うわぁ、なんて清潔なんだ”と驚きました。何度でも来たいですね。」

『パシフィック・リム:アップライジング』スコット・イーストウッド インタビュー

©THE RIVER

最後にスコットは、今作『パシフィック・リム:アップライジング』を、日本のファンに向けて以下のように紹介してくれた。

「異文化が混じり合った、グローバルな作品です。10歳でも50歳でも大興奮できるから、家族でも楽しめますよ。この映画には、結束することの大切さを説くメッセージが込められています。日本人でもアフリカ人でもインド人であろうとも、出自や人種でなく、人として手を取り合うことが大切なのだと。とても時事的なメッセージですよね。

リラックスしたムードでインタビューに応じたスコット。インタビューが終了すると自身のスマホを取り出し、自ら「一緒に自撮りしない?」と2ショット撮影を提案。この様子を自身のInstagramアカウントのストーリーに続々と投稿していた。この日の夕刻に開催されたジャパン・プレミアでも、レッドカーペットでファンと共にセルフィーを撮り、やはりInstagramに投稿。日本の地を楽しむ様子を世界に向けて発信していた。

(取材、撮影、文:中谷直登)

ギャラリー(タップで拡大)

 

戦いは終わりではなく、始まりだった-。前作で描かれた人類(イェーガー)とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす。よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロット達は、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか。『スター・ウォーズフォースの覚醒』(2015)『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)フィン役への大抜擢で一躍スターダムを駆け上ったジョン・ボイエガを主演とし、KAIJUオタクのニュートン博士(チャーリー・デイ)や森マコ(菊地凛子)ら人気キャスト、さらに新キャストとして名を連ねる新田真剣佑も活躍。
ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、スティーヴン・S・デナイト監督の3名が来日を果たし、菊地凛子、新田真剣佑の日本人キャストも駆け付け東京ミッドタウン日比谷で初の映画イベントとなるジャパンプレミアが華々しく開催され大きな注目を集めた、2018年・春の映画シーンを大いに盛り上げること間違いなしの一作だ。

映画『パシフィック・リム:アップライジング』は、2018年4月 13日(金) 全国超拡大ロードショー。

『パシフィック・リム:アップライジング』公式サイト:http://pacificrim.jp/

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。