『ローグ・ワン』でも“帝国のマーチ”流れる?怒涛の音楽製作秘話、巨匠たちの影響は

約2ヶ月前、驚きのニュースが飛び込んできた。映画ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の音楽を担当する予定だったアレクサンドル・デスプラがスケジュールの都合で降板し、代わりにマイケル・ジアッキーノが急遽登板することになったのである。

「ある日電話をもらったんだ。『ドクター・ストレンジ』のスコアリング(作曲)がロンドンで2日間あったから、翌日には飛行機に乗る予定だった。スコアリングの翌日にパインウッド・スタジオに来られないかっていうんだ。その通りスタジオに行って、みんなと会ったよ。彼らは映画を観せてくれた。その映画を持って家に帰ったよ」

大丈夫?『ローグ・ワン / スター・ウォーズ・ストーリー』音楽作曲者が交代へ

『ドクター・ストレンジ』がアメリカで11月4日に公開されたことを考えても、『ローグ・ワン』がいかにギリギリのオファーだったかがよくわかる。現にジアッキーノがオファーを受けた時点で、残された時間は4週間半しかなかったというのだ。

4週間半、怒涛の音楽製作

いまや数多くの大作映画を手がけるジアッキーノにも、4週間半という時間は、映画音楽を1作ぶんつくるには短すぎた。そこで彼は、戦略的に『ローグ・ワン』の作曲に臨んだようだ。

「僕は課題に集中して取り組むのが得意なのさ。作品はとっても、本当に、スゴく楽しかった。アイデアやひらめきが足りなくなることはなかったよ。ずっと心配だったのはスケジュールのことだけだ。だから僕は緻密に計画を立てて考えたよ。“えっと、これが1日で大体できれば、ここが余裕をもって終わるから、必要ならオーケストレーション(編曲)の前に改良の時間がとれるぞ”ってね」

ジアッキーノは自らの誕生日も休まず作曲に打ち込んでいる。しかし楽曲製作そのものは、スケジュールや「スター・ウォーズ」というシリーズのプレッシャーを時に忘れるほど楽しかったらしい。

「毎朝仕事に来て、スクリーンを見ると、ストーム・トルーパーが走り回ってるんだ。すごく楽しかったよ、とてもいい気分だった。僕の一部はスケジュールでイライラしてたけど、残りの部分は“史上最高の仕事だ!超楽しい!”って思ってたね。だからネガティブなことからはすべて距離をおこうと努めたし、そうできたし、楽しかったよ。自分がハッピーになるものを作りたかったんだ。たとえ僕が、ふだん何をしようとハッピーじゃない人でもね(笑)。少なくとも、常にそう努力して作ってるよ」

http://www.ew.com/article/2016/06/28/star-wars-rogue-one-high-resolution-photos

http://www.ew.com/article/2016/06/28/star-wars-rogue-one-high-resolution-photos

『ローグ・ワン』は「すごくエモーショナルな映画」

ジアッキーノは作曲にあたり、ギャレス・エドワーズ監督や、再撮影で大きな役割を果たしたとされるトニー・ギルロイ、ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディと話し合いを持っている。しかし4人は音楽の話題よりも作品のエモーション(=感情)について語ったようだ。

「いろんな意味で、これはとても素晴らしい“第二次世界大戦の映画”だよ。そこが大好きなんだ。でもその中心には、すごく大きな“ハート”がある。僕が無視したくなかった唯一の部分だ。もちろんアクション映画だし、「スター・ウォーズ」だし、みんなが期待してるものも、愛してるものも全部入ってる。でも忘れたくなかったのは、これがものすごくエモーショナルな映画でもあるってことだ。そこに僕はすごく惹かれたんだよ」

コンセプト・アート http://starwars.wikia.com/wiki/File:Rogue_One_Concept_Art_Celebration.png

コンセプト・アート
http://starwars.wikia.com/wiki/File:Rogue_One_Concept_Art_Celebration.png

その上でジアッキーノは、『ローグ・ワン』の音楽を作る上で心がけたことを話してくれた。

「この映画には嘘を感じなかったのがよかった。リアルだと思ったんだ。僕はそのエモーションを利用できたんだよ、悲しかったり、孤独だったりね。音楽が流れるなか、そうした(エモーションの)すべてが全員の仕事を包み込むのさ。ギャレスやトニー、キャスリーンにとってもそれが大切だった」

やはり映画のエモーションとは、彼にとって重要な要素らしい。ジアッキーノはこう述べている。

「真ん中にエモーションのあるプロジェクトで仕事するのが大好きさ。それも人の手で作られたエモーションじゃないのがいい。でも変な話だよ、まさに僕らはエモーションを作ってるんだから(笑)」

音楽で「スター・ウォーズ」の源流をたどる

キャスリーン・ケネディは、『ローグ・ワン』を従来の「スター・ウォーズ」とは一線を画する作品にしようと試みている。シリーズでおなじみのオープニング・クロールを採用しないというアプローチは、まさにその最たるものだろう。

『ローグ・ワン』は史上初、オープニング・クロールのない「スター・ウォーズ」!

しかし、それでも『ローグ・ワン』は「スター・ウォーズ」である。そこでジアッキーノは、自らの方法で『ローグ・ワン』の音楽にシリーズの息吹を与えようと考えたようだ。そこで彼が意識したのは「スター・ウォーズ」というシリーズの源流であり、ジョン・ウィリアムズという巨匠の存在だった。

ジョンとジョージ(・ルーカス)が、オリジナルの「スター・ウォーズ」に取り入れたものを拝借したよ。ジョージは『フラッシュ・ゴードン』の古いシリーズ(1930年代版)を参考にしたし、ジョンは自らの基準を手に入れるまでに、グスターヴ・ホルストや多くの作曲家を参考にしてる。オリジナル版の映画で、ジョンは驚くべき“音楽言語”を組み立ててるんだ」

ジアッキーノは、かつてウィリアムズの作り出した“音楽言語”に「敬意を払いつつ、新しさをもたらしたかった」という。しかしその一方で、彼は『ローグ・ワン』にジョン・ウィリアムズによる音楽を自ら選曲しているようだ。

「過去の曲を使いたいって何度か思ったよ。ファンとして、“このアイデアが実現すればスゴい。「スター・ウォーズ」を観るとしたら、これはきっと見たいだろうな”って思ったのさ。子供の頃にジョンの音楽で育ち、彼の仕事でこの道に進んだんだよ。僕にはどの曲をどう使いたいっていう具体的なアイデアがあった。だから95%はオリジナルの曲だけど、わずかに(ジョンの曲が)あちこちでアクセントになっている。もし僕がシートに座って聴いてたら、きっと鳥肌ものだと思うな」

ちなみにインタビュアーに「インペリアル・マーチ(帝国のマーチ)は使ったの?」と聞かれると、ジアッキーノは笑いながら「た、ぶ、ん、ね」と答えている。真相は劇場で確認しよう。

映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は2016年12月16日公開

『ローグ・ワン』作曲家が『スター・ウォーズ』巨匠ジョン・ウィリアムズから学んだこと。新『スパイダーマン』にも参加決定

source: http://www.ew.com/article/2016/11/23/rogue-one-composer-michael-giacchino-music-star-wars-standalone
Eyecatch Image: http://www.bostonherald.com/entertainment/arts_culture/2014/10/storm_troopers_darth_vader_crash_stage_as_la_philharmonic_honors (Photo by Mathew Imaging / remixed by THE RIVER)

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。