Menu
(0)

Search

『シャン・チー』、『アイアンマン3』ベン・キングズレーが出演認める ─ 偽マンダリン/トレヴァー・スラッテリー再登場

アイアンマン3
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)による『シャン・チー/テン・リングスの伝説』(2021年9月3日公開)では、『アイアンマン』(2008)より登場する犯罪組織、テン・リングスのリーダーであるマンダリンの正体がついに明らかにされる。演じるのは、香港を代表する名優のトニー・レオンだ。ついにそのベールがはがされることで大きな盛り上がりをみせるなか、『アイアンマン3』(2013)で偽マンダリン役を演じたベン・キングズレーも『シャン・チー』に再登場することが明らかにされた。

偽マンダリンとは、『アイアンマン3』にてテン・リングスのボスを名乗り登場した人物だが、劇中ではその実態が単なる雇われの売れない俳優、トレヴァー・スラッテリーだったことが判明していた。同役を演じたキングズレーが、『シャン・チー』のワールドプレミアに参加したことから、スラッテリーの再登場の噂が浮上。そんな中、ETの取材に応じたキングズレーが、『シャン・チー』に出演していることを認め、胸の内を以下のように語っている。

「ケヴィン・ファイギ、ロバート・ダウニー・Jr.、ドリュー・ピアース、シェーン・ブラックのおかげで、私はこの映画に出演することが出来ましたし、マーベル・ファミリーの一員ともなりました。『アイアンマン3』での彼らの歓迎ぶりがあまりにも驚くべきものであり、とても寛大だったので、マーベルと再び仕事を共にすることになったのです。この場にいられることを嬉しく思います!」

とはいえ、気になるのはいかにして再登場するのかだ。そもそも『アイアンマン3』の後、偽マンダリン、スラッテリーはどうなっていたのか。短編作品『俺は王だ』でスラッテリーは、“シーゲート刑務所”での日々を過ごしていたが、テン・リングスの一員に誘拐される展開を迎えている。つまり彼の身柄はその後、テン・リングスに渡っているのだ。果たして、スラッテリーはテン・リングスのメンバーとして再登場するのか、それとも再び俳優としてほかの誰かを演じるのか……?その答えは、劇場で確認しよう。

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』は2021年9月3日公開。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly