Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』あの人、過去シリーズの共演者にも嘘

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

この記事には、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の重大なネタバレが含まれています。必ず映画をご覧になってからお楽しみください。

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

アンドリュー・ガーフィールド、グウェン役エマ・ストーンにも嘘

これまでにアンドリュー・ガーフィールドは、マーベル・シネマティック・ユニバース最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』にスパイダーマン役でカムバックするのではないかとの憶測を全て否定していた。マーベル・スタジオと秘守義務の契約を結んだ以上、出演について誰に訊かれても、ガーフィールドが「ノー」と答えざるを得なかったことは仕方がないことだが、その相手はグウェン・ステイシー役のエマ・ストーンも例外ではなかったようだ。

ジョシュ・ホロウィッツのポッドキャスト番組「Happy Sad Confused」に出演にしたガーフィールドは、『アメジング・スパイダーマン』シリーズのマーク・ウェブ監督とストーンは、さすがに『ノー・ウェイ・ホーム』の出演について知っていたのではないかと質問され、満面の笑みをたたえながら回答している。

「エマが僕にテキストを送り続けていました。“新しい『スパイダーマン』映画に出ているの?”といった感じで。それで僕は、“知らないよ。何の話だよ!”と答えたら、彼女から“いやいや、教えてよ”と返って来ました。そして僕は、“本当に知らないんだもん”と嘘をつき続けたんです。彼女にさえも。面白かったですよ」

このコメントから察するところ、ガーフィールドはストーンから『ノー・ウェイ・ホーム』の出演について教えて欲しいと、執拗に迫られたようだ。それでも彼は秘密を隠し通した訳だが、公開後に映画を観たストーンから「酷いヤツ(笑)」とテキストが来たとの情報も追加し、また、ネタバレを避けるために嘘をついたことは「正しいことだ」とも答えている。

いくらガーフィールドとトビー・マグワイアが否定しようとも、「絶対に2人は登場するはず」だと信じて疑わなかったファンは少なくなかったのではないかと思うが、それでも秘密にされれば、実際に映画を観るまでサプライズであることに変わりはない。それにしても、素晴しい演技を見せるだけでなく、場合によっては自分の意に反して嘘をつき続けなければならないとは、役者稼業も楽ではない……。

Source:Happy Sad Confused

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly