Menu
(0)

Search

トム・ホランド『スパイダーマン4』は「もちろん」実現、ソニピク会長がお墨付き

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)で展開されたトム・ホランド主演『スパイダーマン』シリーズの第4作が準備だ。米ソニー・ピクチャーズ会長のトム・ロスマンが米The Hollywood Reporterで進捗を伝えている。

ソニー・ピクチャーズのシリーズは『クレイヴン・ザ・ハンター』や、初ドラマ「シルク」などの情報が活発に聞こえるものの、本丸である『スパイダーマン4』に進展はない。

この度ロスマン会長は、4作目の製作について「もちろんです」とコメント。「いつになるかは分からないけれど。時が来るまで、ワインはお出しできない」との状況を伝えた。

ホランド版スパイダーマンは、『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2021、日2022)3作の単独映画が制作され、『ノー・ウェイ・ホーム』で3部作の幕を下ろした。

主演トム・ホランドらの契約も一旦は満了となったが、第4作の製作も意向として伝えられている。ただし正式なことは何も伝えられておらず、過去3作を手掛けたジョン・ワッツ監督も「スーパーヒーロージャンルから距離を置く」と表明しており、4作目に続投するかは分からない。ホランドもソニー・ピクチャーズとの契約満了のタイミングで「休みをとって世界を旅したい」と希望していたことがある。

『ノー・ウェイ・ホーム』は全世界19億ドル、歴代6位の特大ヒットを放った成功作。ホランドのピーター・パーカーもすっかり人気キャラクターとなっており、米ソニー・ピクチャーズがこの看板役者の新作を手掛けたい意志は当然だ。実現まではまだまだ時間を要す見込みだが、楽しみに待つほかない。

Source:The Hollywood Reporter

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly