【あなたの知らないスターウォーズ】スター・デストロイヤーをデザインした男、コリン・キャントウェルのデザイン哲学と隠れた功績

スターウォーズ エピソード4/新たなる希望』のオープニング。

タイトルとともに始まるジョン・ウィリアムスの壮大なスコアにのせて、テキストロールが画面奥へと消えて行き、そして映し出される広大な宇宙。カメラが下方向にスクロールすると、そこに映り込む赤土色の惑星。突然、画面の右斜め上よりカットインする小型宇宙船と、それをレーザー砲撃しながら追跡する宇宙戦艦の、いつ途切れるともしれない巨大な姿。1977年の劇場公開当時、世界中の観客の度肝をぶっこ抜いたこの場面は、SF映画の歴史だけでなく、それ以前に製作されたすべての映画でも最も印象的なオープニングだったと断言できます。「スターウォーズ」の世界的成功は、このオープニングと、直後に続くダース・ベイダーの初登場シーン、ふたつのシークエンスで確約されたと言っていいでしょう。

この巨大宇宙戦艦、言わずと知れた銀河帝国軍の主力戦艦であるスターデストロイヤーの、二等辺三角形をアレンジした艦体のシルエット、一度見たら忘れない巨大な艦橋。「かっこいい」としか言いようがない素晴らしいデザインは、いったい誰の手によるものなのでしょうか。

一般的に、「スターウォーズ」オリジナルトリロジー3部作に登場する主なデザインは、監督のジョージ・ルーカスを別とすれば、コンセプト・アーティストであるラルフ・マクォーリーによるところが大きいといわれています。確かにマクォーリーのデザインがスターウォーズの世界にもたらしたものは計り知れませんが、ことヴィークルのデザインに限っていえば、マクォーリーよりも貢献度が高いと思われる人物が存在しました。

知られざるアーティスト、コリン・キャントウェル

マクォーリーが「スターウォーズ」に携わる少し前、まだ映画がジョージ・ルーカスの脳内にしかないようなプロジェクトの黎明期のこと。ルーカスと二人三脚で、スターウォーズに登場する主な乗り物であるX-ウイング、Y-ウイング、TIEファイター、デス・スター、そしてスターデストロイヤーの原型を生み出した“知られざるアーティスト”がいたのです。

https://www.quora.com/Who-designed-the-spaceships-in-the-Star-Wars-movies

https://www.quora.com/Who-designed-the-spaceships-in-the-Star-Wars-movies

男の名前はコリン・キャントウェル。スタンリー・キューブリック監督の『2001年宇宙の旅』で模型製作を担当していた彼とルーカスは、古くからルーカスの仲間だったハル・バーウッドによって引き合わされました。当時のルーカスは「スターウォーズ」という映画人生を賭けた大勝負を構想中で、プロジェクトに合う人材を探していたのです。キャントウェルはルーカスを自宅に招くと、自らが作ったスチームパンク風の機械模型をあれこれ見せたといいます。『2001年宇宙の旅』での仕事に感銘を受けていたこともあって、ルーカスはすぐにキャントウェルをプロジェクトに招き入れました。

ルーカスは、キャントウェルに「スターウォーズ」の草稿『スターキラーの冒険 エピソード1』のコピーを手渡すと、X-ウイング、 Y-ウイング、TIEファイター、スターデストロイヤー、インペリアルクルーザー、デス・スター、ランドスピーダー、サンドクローラー、ミレニアム・ファルコン、そしてT-16スカイホッパーのコンセプトデザインを依頼します。キャントウェルは、ルーカスのアイデアや彼との会話をもとに、それぞれのコンセプトアートを描きはじめました。

https://www.quora.com/Who-designed-the-spaceships-in-the-Star-Wars-movies

https://www.quora.com/Who-designed-the-spaceships-in-the-Star-Wars-movies

https://www.quora.com/Who-designed-the-spaceships-in-the-Star-Wars-movies

https://www.quora.com/Who-designed-the-spaceships-in-the-Star-Wars-movies

https://www.quora.com/Who-designed-the-spaceships-in-the-Star-Wars-movies

https://www.quora.com/Who-designed-the-spaceships-in-the-Star-Wars-movies

またキャントウェルは、自身のコンセプトアートをもとに立体模型も製作しています。既存のプラスティックモデルやガレージキットから、必要なパーツを拝借して組み合わせる方法を、彼は“キットバッシング”と名付けていました。この方法を使えば、イメージデザインの段階から、細かなモールドなどによって実在感のある模型を作ることができるようです。

キャントウェルが「スターウォーズ」で果たした役割、それは“ヴィークルのプロトタイプを作ること”でした。彼のデザインがほぼそのまま採用されたもの(スカイホッパーやY-ウイング)、手を加えられブラッシュアップされたもの(スターデストロイヤーやX-ウイング、TIEファイター)、ボツになったもの(ミレニアム・ファルコンなど)、その仕事が辿った結果は色々ですが、キャントウェルが「スターウォーズ」に及ぼした影響は、まさに百聞は一見に如かずです。以下の画像をご覧ください。

https://www.quora.com/Who-designed-the-spaceships-in-the-Star-Wars-movies

https://www.quora.com/Who-designed-the-spaceships-in-the-Star-Wars-movies

https://www.quora.com/Who-designed-the-spaceships-in-the-Star-Wars-movies

https://www.quora.com/Who-designed-the-spaceships-in-the-Star-Wars-movies

https://www.quora.com/Who-designed-the-spaceships-in-the-Star-Wars-movies

https://www.quora.com/Who-designed-the-spaceships-in-the-Star-Wars-movies

https://www.quora.com/Who-designed-the-spaceships-in-the-Star-Wars-movies

https://www.quora.com/Who-designed-the-spaceships-in-the-Star-Wars-movies

https://www.quora.com/Who-designed-the-spaceships-in-the-Star-Wars-movies

https://www.quora.com/Who-designed-the-spaceships-in-the-Star-Wars-movies

https://www.quora.com/Who-designed-the-spaceships-in-the-Star-Wars-movies

https://www.quora.com/Who-designed-the-spaceships-in-the-Star-Wars-movies

アレックス・タヴォウラリスが描いた、『エピソード4/新たなる希望』の初期ストーリーボードに登場するスターデストロイヤーは、明らかにキャントウェルの製作したプロトタイプがもとになっています。このスターデストロイヤーのデザインは、やがてジョー・ジョンストンによって艦橋部分に特徴的なアレンジが加えられ、現在われわれが良く知る形へと変貌を遂げます。

キャントウェルはヴィークルのデザインをする上で、「善玉が乗るヴィークルは善玉っぽく、悪役が乗るヴィークルは悪役っぽくしなければならない」ということを信条にしていたそうです。至極当たり前のことを言っているようで、X-ウイングやスカイホッパーと、TIEファイターやスターデストロイヤーのデザインを実際に比べてみると、その言葉の深みに驚かされます。TIEファイターやスターデストロイヤーは、いわゆる“善玉の乗り物”には見えないのです。こんな単純なことをデザインの領域で実現する難易度たるや……。ちなみに「X-ウイング」「Y-ウイング」という命名もキャントウェルの功績です。

http://starwars.wikia.com/wiki/Colin_Cantwell

http://starwars.wikia.com/wiki/Colin_Cantwell

ジョン・ウィリアムスの音楽、フィル・ティペットらによるクリーチャー、マクォーリーが手掛けた世界観やキャラクター・デザインと並んで、ヴィークルデザインの格好良さはオリジナルトリロジーの大きな魅力です。これほどの功労者であるコリン・キャントウェルの名前は、特にここ日本では、SWファンの間でもほとんど知られていません。なぜでしょうか。

かつてジョージ・ルーカスは、自身が指揮する特殊効果スタジオ・ILMを立ち上げた際、コリン・キャントウェルをヘッドとしてリクルートしました。しかしキャントウェルは、ユニバーサル・スタジオに義理立てして、そのオファーを断ってしまったのです。ゆえに、キャントウェルが「スターウォーズ」に携わったのは製作のごく初期だけに留まっています。

キャントウェルの手で始められた仕事は、ジョー・ジョンストンやラルフ・マクォーリーなどに引き継がれ、彼の功績は歴史の狭間に隠れてしまいました。もちろん映画づくりはチームワークで動くものであり、これらのデザインの全てがキャントウェルひとりの功績だというつもりはありません。しかし、もしも彼がいなかったら、あのオープニングはどうなっていたか。そう考えると、SWフリークスの一人としては、やはり彼にも多大な感謝の念を贈るべきだと思いますし、また彼の功績を知らないファンには、ひとりでも多くコリン・キャントウェルの名前を知ってほしいと思うのです。

【あなたの知らないスターウォーズ】ストーム・トルーパー生みの母、悲運の造形師リズ・ムーア物語

【あなたの知らないスターウォーズ】『ローグ・ワン』の前に知っておきたい、“持ってる男”「ローグ・ツー」の冒険

Eyecatch Image: http://starwars.wikia.com/wiki/File:Colin_Young.jpg

About the author

1977年生まれ。週刊少年ジャンプ脳のクリーチャー愛好家。玩具コレクター。エンドレスダイエッター。「意識低い系」の文章を信条としています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。