Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』新作映画が明らかに ─ ドラマ「LOST」プロデューサーと「ミズ・マーベル」監督が手がける

スター・ウォーズ star wars

スター・ウォーズの新作映画が、新たにルーカスフィルムで始動していたことがわかった。米Deadlineが報じた。

この度の新企画では、海外ドラマ「LOST」(2004-2010)や「ウォッチメン」などの海外ドラマの製作で知られるデイモン・リンデロフが手がける。リンデロフは他に、映画『スター・トレック』(2009)『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(2013)や『プロメテウス』(2012)などの大作SF映画にも携わっている。

リンデロフは共同脚本も手がける予定だが、パートナーとなる脚本家はまだ明らかになっていない。

監督として、マーベル・シネマティック・ユニバースのドラマ「ミズ・マーベル」第4〜5話のエピソード監督シャーミーン・オベイド=チノイに声がかかった。米Varietyは交渉中と伝えるが、Deadlineは就任したと記した。

この度の企画は、スカイウォーカー・サーガ完結後の『スター・ウォーズ』にとって初の映画になりうるものだ。これまでに新作映画企画はいくつか報じられたが、降板劇や頓挫などに見舞われていた。

「ゲーム・オブ・スローンズ」脚本家コンビが就任した新映画企画もあったが、後に両名は降板。『ワンダー・ウーマン』パティ・ジェンキンス監督による企画も無期延期となり、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)ライアン・ジョンソン監督による新企画はしばらく着手できない状態だ。

また、タイカ・ワイティティ監督ケヴィン・ファイギといったマーベル・スタジオ出身の才能を起用する企画も存在するが、具体的な進捗はなかなか聞こえない。

報道によると、本企画の脚本はまだ書きかけの状態で、製作はかなり先になるという。フォースと共にあらんことを。

Source:Deadline,Variety

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly