『スター・ウォーズ』次回新3部作、ゆるやかに製作始動 ― 『最後のジェダイ』プロデューサーが明かす

映画『スター・ウォーズフォースの覚醒』(2015)に始まった現行3部作に次ぐ、“遠い昔、遥か彼方の銀河系”を舞台とする『スター・ウォーズ』新3部作の製作がついに始動したという。

2017年11月に発表された新3部作は、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)を手がけたライアン・ジョンソン(写真)が全体の統括を担当し、第1弾の脚本・監督を務める。プロデューサーにはルーカスフィルムの陣営に加え、ライアン監督のデビュー作『BRICK ブリック』(2005)から『最後のジェダイ』まで共同作業を重ねてきたラム・バーグマンが就任した。

英Empire誌の主催する映画祭「2018 Rakuten TV Empire Award」にて、ラム氏は新3部作の現状について「(作業を)始めました。ゆっくりと、ゆっくりとではありますが、始めています。きっと、もうすぐ忙しくなると思いますよ」と述べている。
『最後のジェダイ』は2017年12月の劇場公開を経て、2018年3月27日には米国でブルーレイが発売される。折にふれて同作のプロモーションやイベントに登場してきたライアン監督は、自身の手がける新3部作の製作へゆるやかに移行していくことになるのだろう。

ライアン監督による『スター・ウォーズ』新3部作は、スカイウォーカー・サーガや従来シリーズから完全に独立した、新たなキャラクターの登場するストーリーになるという。監督は3部作にまたがるストーリーを考案するが、第2作・第3作でどのような役割を務めるかは未定。多様なクリエイターの参画を望むなど、その構想は製作現場を支える顔ぶれにも広がっているようだ。

なお『スター・ウォーズ』は、J・J・エイブラムス監督による『スター・ウォーズ エピソード9(仮題)』をもって現行3部作が完結して以降、ライアン監督による新3部作、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』(2011-)の製作陣による新映画シリーズ、『アイアンマン』(2008)ジョン・ファヴロー監督によるドラマシリーズが待機中。アニメやゲームなども含め、ユニバースはさらに拡大していくとみられる。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』MovieNEXは2018年4月25日発売

Sources: SR, Empire
Eyecatch Image: Photo by Dick Thomas Johnson

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。