Menu
(0)

Search

MCU版ウルヴァリン役、やはりタロン・エジャトンか ─ マーベル・スタジオと面会、「やらせてくれると思う」と俳優も手応え

タロン・エジャトン(エガートン)
© THE RIVER

『キングスマン』シリーズや『ロケットマン』(2019)などで知られるタロン・エジャトンが、ウルヴァリン役でのマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)参加を巡り、マーベル・スタジオとの間で話し合いの場が設けられていた事実を認めた

エジャトンとウルヴァリンを巡るニュースは、2019年夏頃より大きく取り沙汰されるようになった。初代ヒュー・ジャックマンのウルヴァリン卒業作となった映画『LOGAN/ローガン』(2017)の原案「Old Man Logan」を手がけたコミック・アーティストのマーク・ミラーがエジャトンを2代目に推したことが話題となり、その後俳優本人もマーベル映画のファンであると明かした上で、「ぜひ参加したい」と意欲を語っていた

以来、新生ウルヴァリン役を演じる俳優に関してはこれといった情報は届いていなかったものの、このたび話を大きく前進させる記事が米New York Timesで掲載された。エジャトンに取材した同メディアは「彼は次期ウルヴァリンとして、ジャックマンを継ぎたいと考えていて、ケヴィン・ファイギ社長を含めるマーベル・スタジオの幹部と面会していた」と報じているのだ。

エジャトン本人も「これを言うのは間違ってはいないと思うので」と取材の中で実際に認めており、「もしその機会が巡ってきたら、スタジオも僕にやらせてくれると思います」とまで話している。その一方、いまだ再演を求められることが多いヒューの後を継ぐことについては、「他の誰かがやるのはすごく難しいでしょう」とコメント。本当に実現した時の覚悟がうかがえる。

ところで、エジャトンとの話し合いが行われていたということで、ウルヴァリンMCU参戦の機運も高まっている。MCUにおける『X-MEN』シリーズの計画は不明だが、『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』(2022)では、まもなくの合流を示唆するような演出が見られた。なお今後には、『X-MEN』と同様に旧20世紀フォックスで製作された『デッドプール』シリーズがMCU参戦を果たす予定。

あわせて読みたい

Source: New York Times

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly