『スターシップ・トゥルーパーズ』ロジャー・ヤングのエスケープシャトルほか実物プロップ「東京コミコン2017」で展示 ─ シリーズのオールナイト上映も決定

カルト的人気を誇る映画『スターシップ・トゥルーパーズ』(1998)の撮影に実際に使用された小道具やセットが、「東京コミコン2017」で展示された。エリア内には、2018年2月10日より限定公開のシリーズ最新作『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』にまつわる展示物もあり、「東京コミコン2017」来場者の足を止めた。

©THE RIVER

©THE RIVER

©THE RIVER

©THE RIVER

©THE RIVER

展示されたプロップはすべて『スターシップ・トゥルーパーズ』一作目で使用された実物で、もちろん一点もの。ウォーリアーバグ実物大の爪や、モリタライフル、更にブリッキンリッジ二等兵死亡シーン用のダミーヘッドや、ナイフが貫通するエース二等兵の右手ダミーなど特撮アイテムもズラリ。

©THE RIVER

最新作『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』からは1/6スケールのウォーリアー・バグのフィギュアも展示。こちらは製作中のもので、株式会社玩拓より2018年に発売されるという。

ロジャー・ヤングのエスケープシャトルも展示

©THE RIVER

©THE RIVER

一番の見所は第一作目に登場したロジャー・ヤングのエスケープシャトル。こちらも実際の撮影に使用されたものだそう。360度隅々まで観察したら、SF感溢れるコクピットまでじっくり目を凝らしてほしい。

シリーズ最新作『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』は2018年2月10日より公開。第一作目に偉大なオマージュを捧げた本作は、主人公のジョニー・リコの英語版声優には引き続きキャスパー・ヴァン・ディーン(日本語声優は小山力也)が起用、脚本もエド・ニューマイヤーが手がけるなどオリジナル作同様の布陣で挑む。ポスタービジュアルを見比べて頂ければ、1997年の第一作目にいかに直接的な作品であるかがわかるだろう。

©THE RIVER

さらに嬉しいことに、2018年2月3日(土)には『スターシップ・トゥルーパーズ』シリーズ作品のオールナイト上映イベントも決定したという。奇才ポール・バーホーベン監督の第一作目が日本のスクリーンで上映されるのは18年ぶり。詳細は後日発表ということだ。

映画『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』は、2018年2月10日(土)より、吹替版のみ、2週間限定の全国ロードショー。監督は、前作『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』より引き続き、荒牧伸志氏。

 

東京コミコン開催概要

東京コミコンは、スタン・リー氏とApple共同創業者の1人スティーブ・ウォズニアックによって実現した。第二回開催となる今回は、スティーブ・ウォズニアック氏、マッツ・ミケルセン氏カール・アーバン氏ネイサン・フィリオン氏スタン・リー氏マイケル・ルーカー氏の来日が発表されている。

日程:2017年12月1日(金)~2017年12月3日(日)

場所:幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1国際展示場 9・10・11ホール)

東京コミックコンベンション公式サイト:http://tokyocomiccon.jp/

前売入場券はチケットぴあ、ローソンチケット、イープラスにて販売中。

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。