Menu
(0)

Search

『マイティ・ソー バトルロイヤル』は上映時間100分程度?MCU史上最短か ― 「もう少し観たいくらいの方が良い」監督が示唆

マイティ・ソー バトルロイヤル
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

映画マイティ・ソー バトルロイヤルについての衝撃発言が飛び込んできた。
2017年7月19~23日(現地時間)に開催された米国「サンディエゴ・コミコン2017」の会場にて行われたインタビューで、タイカ・ワイティティ監督が本編の上映時間について“現時点では100分程度”だと明かしたのである。

上映時間はMCU史上最短?しかし怒涛の展開か

『マイティ・ソー バトルロイヤル』は、先日およそ3週間の再撮影が終了したばかり。もっとも本編の編集作業は同時に進められてきたようで、映画情報サイト「コライダー」の取材に対して、ワイティティ監督は現在の編集版についてこのように語っている。

「現在の編集版はだいたい100分くらいだと思うよ。すごく長い映画にはならないね。僕は、ストーリーはもう少し観たいくらいの方が良いと思ってるんだ。それにこの映画は一気に展開して、常に何かが起こってるんだよ。みんな、映画の最後には疲れてると思うな。すごい旅やら何やらに出ることになるんだ。3時間も必要な映画だとは思わないよ」

これまでのマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)で最も短かった作品は、『インクレディブル・ハルク』(2008)の112分だ。監督が話したのは現時点での状況なので完成版がどうなるかはわからないが、もし発言通り100分程度に収まれば、本作はMCU史上最短の映画となる。予告編からも要素盛り沢山の映画になるものと予想されるが、短い時間で怒涛の展開を駆け抜ける作品になるとすれば、これはかなりのジェットコースター・ムービーに違いない。

もっとも『マイティ・ソー バトルロイヤル』が100分の映画になってもまったく不思議ではないのは、これまでワイティティ監督が手がけてきた作品群がことごとく短いためである。
長編第1作『イーグル vs シャーク(原題:Eagle vs Shark)』、第2作『ボーイ(原題:Boy)』は揃って88分、第3作『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』は85分、過去最長の第4作『ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル』ですら101分なのだ。いくら大作映画、MCU作品とはいえ、ここでいきなり2時間半の映画になってしまってはむしろ不安な気すらしてくる。監督が自身の感覚で適切にコントロールできる長さであることに越したことはないはずだ。

しかし作品を刈り込んでいる結果だろうか、本作にはすでに本編に含まれないシーンがたくさん生まれているようだ。早くもワイティティ監督は、そうした未公開シーンの数々がブルーレイ&DVDで公開されることを予告している。

「削除したシーンがたくさん出てくると思うよ。最高のシーンさ。とっても愉快な場面だけど……全部は入れられないんだ。[中略]存在してるものだから、みんなに観てもらえると思うよ」

またワイティティ監督は、本作『マイティ・ソー バトルロイヤル』の約80%がアドリブと即興演技で構成されていることも明らかにしている。本編を観る前から未公開シーンへの期待が高まるばかりだ……。

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は2017年11月3日より全国ロードショー
ちなみに『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年4月27日公開)は、本編2時間半超えのMCU史上最長作品になるという。

Source: http://collider.com/thor-ragnarok-run-time-revealed-taika-waititi/
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly