Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『ソー:ラブ&サンダー』おまけシーン完全解説 ─ 新キャラクターとサプライズ、今後への影響は

ソー:ラブ&サンダー
©Marvel Studios 2022

この記事には、『ソー:ラブ&サンダー』のネタバレが含まれています。

 ソー:ラブ&サンダー
©Marvel Studios 2022

ソーは帰ってくる

『ソー:ラブ&サンダー』ある意味最大のサプライズが、最後に表示された「ソーは帰ってくる」のテロップ。マーベル映画で「◯◯は帰ってくる」とのテロップはお馴染みのものだが、ソーの場合、クリス・ヘムズワース卒業説もあったため重大な意味合いを帯びることとなった。

ヘムズワースは本作について「僕にとって最後のマーベル映画になるかもしれない」「人から“もうやめろ”と言われる前にやめたい」と“去り際”を意識した姿勢を示してきた。思えば『アベンジャーズ』初代メンバーではトニー・スターク、スティーブ・ロジャース、ナターシャ・ロマノフは既に役目を終え、ブルース・バナーとクリント・バートンも積極的な戦いからは身を引いているようなスタンスだ。現役で戦い続けている唯一のヒーローとなっているソーだが、「帰ってくる」のテロップ告知がなされということは、ヘムズワースはマーベル・スタジオと契約を更新した、あるいはその具体的な目処が立ったということだろう。

現時点で発表されている今後の予定作の中で、ソーが登場しうる作品を予想することは難しいが、カメオ登場の可能性が考えられるのが『Guardians of the Galaxy Vol. 3(原題)』。『ラブ&サンダー』ではガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバーがゲスト登場したので、そのお返しとしての友情出演があり得る。ガーディアンズはゴア襲来による救難信号を受けて飛び立ったわけなので、ベネター号艦内の通信でソーと「あの後こんなことがあった」と報告し合うかもしれない。ベネター号を自分の船だと思っているソーが「俺の船をちゃんと手懐けているか」とお節介するかもしれない。

もしもソーの単独5作目が製作されるのであれば、それはMCU単独シリーズ最長記録を更新するばかりでなく、古今東西のヒーロー映画の中でも異例の長寿記録ということになる。

現在MCUでは次世代ヒーローへの世代交代が続々と行われているところ。ソーの場合はゴアから引き取った少女ラブがその後継者となるだろう。劇中でラブを演じたのは、ヘムズワースの実娘インディア・ヘムズワース。これに伴ってインディアちゃんが今後役者として活動するかどうかはヘムズワース家次第だが、今後もラブが再登場する際にはリキャストされる可能性もあるだろう。『アントマン』シリーズでは、主人公スコット・ラングの娘キャシー役がシリーズ第3作『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア(原題)』で変更されたという前例が既にある

『ソー:ラブ&サンダー』は公開中。

Source:Marvel,Variety

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly