Menu
(0)

Search

『マイティ・ソー/ラブ&サンダー』テッサ・トンプソン、ネタバレしてしまわないか心配中

テッサ・トンプソン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/36243143165/

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『マイティ・ソー/ラブ&サンダー(原題)』では、クリス・ヘムズワースはもちろんのこと、テッサ・トンプソンヴァルキリー役として復帰する。2022年7月8日に米国公開予定の本作だが、トンプソンはついネタバレしてしまわないか心配しているようだ。

ET Canadaにてテッサ・トンプソンは、『マイティ・ソー/ラブ&サンダー』をはじめとするマーベル映画について話すことに対して、「びくびくしています」と正直な思いを吐露している。「熱心なファンがいますし、ネタバレはしないと決めましたから。だから多くは話せませんし、知るべきことはすでに全て伝えられてきたと思います」。つまり、ファンが本作を楽しむために必要な情報は現時点で明かされていることで十分ということだろう。「ヴァルキリーはアスガルドの新たな王なので、外交任務をこなしていますし、ソーと再会し、ギャングも一緒に戻ってきましたよ」。

本作の物語は依然として不明のままだが、『マイティ・ソー バトルロイヤル』につづきメガホンをとったタイカ・ワイティティ監督は、「『バトルロイヤル』とはぜんぜん違う。もっとクレイジー」「もっとエモーショナルだし、もっとラブだし、もっとサンダーだし、もっとソー」と過去に説明していた。このように、言われても理解できないような内容であれば問題なさそうだが、過去にはマーク・ラファロとトム・ホランドのように、うっかり口を滑らせて重大なネタバレをしてしまったケースもある。

ラファロはインタビューやプレミア上映会の場で、大事な映画の結末をうっかり喋ってしまったり、上映中の最新作をうっかり生配信してしまったり、これまでに痛い失敗を経験してきた。その結果、“うっかりラファロ”と呼ばれるように。一方のホランドもまた、“ネタバレ王子”という異名を持っており、先輩俳優と同様に過去に数々の秘密を様々な場面でネタバレしてきた。“うっかりテッサ・トンプソン”というような異名を付けられないためにも、トンプソンは本作の公開まで神経を尖らせていくことになるだろう。

『マイティ・ソー/ラブ&サンダー(原題)』は、2022年7月8日に米国公開予定。

Source: ET Canada

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly