『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に『ローグ・ワン』監督が登場 ─ 二作の「カメオ交換」成立

ひっそりと豪華著名人がカメオ出演しているというイースター・エッグも楽しい『スター・ウォーズ』新サーガ。2017年12月15日公開の最新作『最後のジェダイ』では、2016年の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のギャレス・エドワーズ監督がカメオ出演しているという。フランスで開催された記者会見にて、『最後のジェダイ』ライアン・ジョンソン監督が認めた。

ちなみに『ローグ・ワン』においては、『最後のジェダイ』のライアン監督がカメオ出演している。それぞれお互いにささやかな出番を用意しあうという“カメオ交換”が成立した格好だ。

なお『最後のジェダイ』ではギャレス・エドワーズ監督ほか、人気俳優のトム・ハーディ、イギリスのウィリアム王子とヘンリー王子が揃ってカメオ出演することも明かされている。この3人はストーム・トルーパー役での登場とされるが、ギャレス・エドワーズはどのような形で登場するのだろうか。

前作『フォースの覚醒』(2015)では、『007』ジェームズ・ボンド役で知られるダニエル・クレイグがストーム・トルーパー役として、サイモン・ペッグがアンカー・プラット役としてカメオ出演した。ほか、様々な著名人がさりげなく出演を果たしている。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日公開。

Source:https://www.starwarsnewsnet.com/2017/11/the-last-jedi-video-and-transcribed-highlights-from-rian-johnsons-french-press-conference.html

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。