Menu
(0)

Search

『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』監督、テクノロジーに支配された東京が舞台のSF映画手がける ─ アメコミ『Tokyo Ghost』原作

キャリー・フクナガ
Photo by Dick Thomas Johnson https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Cary_Joji_Fukunaga_%22Beast_Of_No_Nation%22_at_Opening_Ceremony_of_the_28th_Tokyo_International_Film_Festival_(21806112494).jpg

『ビースト・オブ・ノー・ネーション』(2015)『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』などのキャリー・フクナガ監督が、SFコミック『Tokyo Ghost(原題)』を実写映画化することがわかった。近未来の東京を舞台にしたコミックだ。米Varietyなどが報じている。

イメージ・コミックスによる『Tokyo Ghost』の舞台は、2089年。テクノロジーに人類が完全に支配されてしまった世界である。主人公の平和維持軍デビー・ディケイとレッド・デントが、テクノロジーの支配から世界で唯一逃れられた楽園・東京に、ロサンゼルスから任務で向かうことになるという物語が展開されていく。

キャリー・フクナガは監督のほか、『 IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)のジョン・シルクらとともに製作も兼任する。『Tokyo Ghost』の原作者であるリック・リメンダーが、実写化の脚本も担当するようだ。現時点では、出演者や製作時期については不明のため、今後の動向に引き続き注目したいところだ。

キャリー・フクナガはこれまでに「TRUE DETECTIVE/二人の刑事」(2014)や、「マニアック」(2018)「エイリアニスト」(2018)などドラマシリーズを主に手掛け、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』で大作映画に抜擢。今後の作品としては本作のほか、スティーブン・スピルバーグ&トム・ハンクスによるドラマや、広島への原爆投下を描く映画も控えている。

Source:Variety

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly