Menu
(0)

Search

「ウォーキング・デッド」映画版、2021年春から撮影へ ─ リック役アンドリュー・リンカーンが計画認める

アンドリュー・リンカーン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/42749683025/ Remixed by THE RIVER

ドラマ「ウォーキング・デッド」(2010-)の映画版『ウォーキング・デッド(仮題)』が、いよいよ2021年春より撮影されることがわかった。主演としてシリーズに復帰する、リック・グライムズ役のアンドリュー・リンカーンが米Extraにて認めた。

映画版『ウォーキング・デッド』は、シーズン9をもってメインシリーズを去ったリックの“その後”を描く3部作で、2018年に製作が発表されたのち、長期にわたって企画が練られてきた。リンカーンも企画開発に関与しており、脚本は「ウォーキング・デッド」シリーズのチーフ・クリエイティブ・オフィサーであるスコット・M・ギンプルが執筆。コロナ禍のさなかも脚本作業が続けられてきた。

このたび「『ウォーキング・デッド』の映画版はいつ実現しますか?」との質問に、リンカーンは「すべてが首尾よく整えば、自国(イギリス)を離れて、春から夏にはアメリカで撮影する計画です」と答えている。以前、リンカーンが春の撮影を希望していると報じられたこともあったが、その計画通りにプロジェクトは動くことになりそうだ。もっとも新型コロナウイルスをめぐる情勢は予断を許さず、スケジュールに変更が生じる可能性もある。

ちなみに、「ウォーキング・デッド」シーズン7~9でエピソード監督を担当したローズマリー・ロドリゲス氏は、2021年に期待することとして「リック・グライムズが大スクリーンに帰ってくること」とツイート。これはファンの間でにわかに話題を呼んだが、春から夏に撮影、年内公開という急ピッチでの製作が叶うかどうか。製作の米AMC局、米国配給を担当するユニバーサル・ピクチャーズによる正式発表が待たれる。

あわせて読みたい

Source: Extra

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モーリタニアン 黒塗りの記録

【レビュー】『モーリタニアン 黒塗りの記録』シリアスと娯楽性のバランス ─ カンバーバッチも自ら出演志願した理由とは

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

Ranking

Daily

Weekly

Monthly