Menu
(0)

Search

『ヴェノム』超ヒット続く ― 世界興収まもなく『X-MEN』全作品超え、中国では『ファンタビ』上回る

ヴェノム
©&TM 2018 MARVEL

まさかこれほどのメガヒットになることを、いったい誰が予想しただろうか。

米ソニー・ピクチャーズ製作、マーベル史上最も残虐なダークヒーローを主人公とする映画『ヴェノム』(2018)の全世界興行収入が『デッドプール』(2016)の記録をまもなく超え、20世紀フォックス製作『X-MEN』シリーズの全作品を上回ることがわかった。

ヴェノム
©&TM 2018 MARVEL

Box Office Mojoによれば、2018年11月18日(米国時間)時点で『ヴェノム』の世界興収は7億7,947万1,856ドル。米国興収は約2億1,008万ドル、海外興収は約5億6,939万ドルという内訳だ。『デッドプール』の世界興収は約7億8,311万ドルのため、記録更新の実現はそう遠くない。

すでに『ヴェノム』は世界興収8億ドル突破も視野に入っており、サム・ライミ監督作品『スパイダーマン』(2002)の約8億2,170万ドルを超える可能性も浮上してきた。これが実現された場合、『スパイダーマン3』(2007)の約8億9,087万ドルに次いでソニー製作のマーベル映画としては史上第2位の成績となる。

こうした勢いの背景には、『ヴェノム』が中国で驚くべき大ヒットを示している現状がある。本作は中国にて2018年11月9日に公開され、米Varietyによれば、2度目の週末には8,720万ドルを稼ぎ出して初週に続きランキングの第1位を守り抜いた。初週末からの下落率は14%にとどまっており、公開後10日間で1億8,700万ドルを達成。すでに米国興収の累計額に迫る勢いだ。
ちなみに中国では『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が11月16日に公開されたが、こちらは3,480万ドルの発進でランキングの第2位となっている。

『ヴェノム』の世界的ヒットは、続編映画の製作、および撮影準備が進められているジャレッド・レト主演『モービウス(邦題未定、原題:Morbius)』をはじめとした「スパイダーマン」のキャラクターの映画化企画にとって強力な追い風となるだろう。ソニーは女性キャラクターのシルバー・セーブルやブラック・キャット、シルクナイトウォッチクレイヴン・ザ・ハンタージャックポットを扱った作品群を準備しているという。

ちなみに『X-MEN』シリーズは、『X-MEN:アポカリプス』(2016)に次ぐ『X-MEN:ダーク・フェニックス』の公開を2019年6月に控えている。こちらはシリーズ史上最もリアル、かつダークなトーンを示す大人向けの作品で、ソニーが『ヴェノム』で採った全年齢向けの戦略とは大きく異なるアプローチとなりそうだ。

『ヴェノム』公式サイト:http://www.venom-movie.jp/

Sources: Box Office Mojo, Variety, CBR

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly