Menu
(0)

Search

スパイダーマン『ヴェノム』米国版予告編公開!トム・ハーディ主演、人気ダークヒーロー描く

ヴェノム
©&TM 2018 MARVEL

米ソニー・ピクチャーズ製作、映画「スパイダーマン」シリーズのスピンオフ作品ヴェノムより、米国版予告編が公開された。
マーベル・コミックの人気ダークヒーローを主人公とした初めての単独映画となる本作は、コミックファン待望の作品とあって、世界中から熱い視線を送られてきた一本だ。なお本予告編については、2018年2月7日(現地時間)に解禁の予告がなされていた。

米国公開は2018年10月5日と、まだ約8ヶ月を残した状況での予告編公開。作品の全貌はまだまだわからないが、ひとまずその一端を味わってみることにしよう。

『ヴェノム』で主人公エディ・ブロック/ヴェノムを演じるのは、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)、『ダンケルク』(2017)などで知られる俳優トム・ハーディ。気になる役どころはジャーナリストという設定で、すでに場面写真が公開されていた。また大きな見どころといえそうなのは、彼にとって初挑戦となるモーション・キャプチャーによる演技だろう。以前「最高のヴェノムをお見せできるよう、全力を尽くすことを誓います」と語っていただけに、その全容が今から待ち遠しい。

そのほか出演者にはミシェル・ウィリアムズ、リズ・アーメッドら実力者が名前を連ねているほか、脚本を執筆したのは『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(2018)のスコット・ローゼンバーグ&ジェフ・ピンクナー。監督は『ゾンビランド』(2009)のルーベン・フライシャーが務めている。
ちなみに『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)などマーベル・シネマティック・ユニバース作品でピーター・パーカー/スパイダーマンを演じているトム・ホランドが撮影に参加していたという噂もあるが、その真相はわからないままだ。

映画『ヴェノム』は2018年10月5日に米国公開予定

©&TM 2018 MARVEL

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly