Menu
(0)

Search

スパイダーマン『ヴェノム』米国版予告編公開!トム・ハーディ主演、人気ダークヒーロー描く

ヴェノム
©&TM 2018 MARVEL

米ソニー・ピクチャーズ製作、映画「スパイダーマン」シリーズのスピンオフ作品『ヴェノム』より、米国版予告編が公開された。
マーベル・コミックの人気ダークヒーローを主人公とした初めての単独映画となる本作は、コミックファン待望の作品とあって、世界中から熱い視線を送られてきた一本だ。なお本予告編については、2018年2月7日(現地時間)に解禁の予告がなされていた。

米国公開は2018年10月5日と、まだ約8ヶ月を残した状況での予告編公開。作品の全貌はまだまだわからないが、ひとまずその一端を味わってみることにしよう。

『ヴェノム』で主人公エディ・ブロック/ヴェノムを演じるのは、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)、『ダンケルク』(2017)などで知られる俳優トム・ハーディ。気になる役どころはジャーナリストという設定で、すでに場面写真が公開されていた。また大きな見どころといえそうなのは、彼にとって初挑戦となるモーション・キャプチャーによる演技だろう。以前「最高のヴェノムをお見せできるよう、全力を尽くすことを誓います」と語っていただけに、その全容が今から待ち遠しい。

そのほか出演者にはミシェル・ウィリアムズ、リズ・アーメッドら実力者が名前を連ねているほか、脚本を執筆したのは『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(2018)のスコット・ローゼンバーグ&ジェフ・ピンクナー。監督は『ゾンビランド』(2009)のルーベン・フライシャーが務めている。
ちなみに『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)などマーベル・シネマティック・ユニバース作品でピーター・パーカー/スパイダーマンを演じているトム・ホランドが撮影に参加していたという噂もあるが、その真相はわからないままだ。

映画『ヴェノム』は2018年10月5日に米国公開予定

©&TM 2018 MARVEL

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly