Menu
(0)

Search

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』トム・ハーディが脚本参加、「原案」にクレジット

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

マーベル映画『ヴェノム』(2018)の続編ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジにて、主演のトム・ハーディが脚本作業にも参加したことがわかった。本編には「原案(Story)」としてクレジットされるという。脚本家のケリー・マーセルが明かした。

前作『ヴェノム』で脚本を執筆したのは、『ジュマンジ』シリーズのジェフ・ピンクナー&スコット・ローゼンバーグ、そして本作にも続投したケリー・マーセルの3名。今回はジェフ&スコットは関与しておらず、ケリーとトムが原案を担当した。英Empireによると、トムはケリーと20年近くの「クリエイティブ・パートナーシップ」にあるとのこと。ケリーは、トムが脚本作業に適格な人物だったことを認めている。

「(原案として)クレジットされるのは新しいことですが、トムがこの仕事に関わるのは新しくありません。彼は自分の仕事に全力を尽くし、ヴェノムに寄り添い、ヴェノムを愛している人。こうなるべきだ、と彼が考えることには深く関わってもらっています。彼が実際に執筆したわけではないですが、FaceTimeをつなぎ、一緒に数ヶ月かけてストーリーを作りました。アイデアを出して、うまくいくかを見極めたのです。」

『ヴェノム』でヴェノム/エディ・ブロックを演じきったトムは、自身の考えるヴェノム/エディの物語と、ついに登場する宿敵カーネイジ/クレタス・キャシディとの対決を物語に織り込んだのだろう。二人のアイデアを基に、ケリーが要素を選び抜き、3ヶ月かけて脚本を完成させたという。

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ
アンディ・サーキス監督と ©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

近年、プロデュース業にも精力的なトムは、『ヴェノム』で製作総指揮を務め、本作ではプロデューサーに名を連ねている。出演・原案・製作を兼任しているあたり、本作への注力ぶりは明らかだろう。ちなみにトムは、主演ドラマ「TABOO タブー」(2017)にもクリエイターとしてクレジットされており、同作でも脚本作業になんらかの形で関わったとみられる。長編映画に脚本部としてクレジットされるのは『ヴェノム』続編が初めてだ。

映画『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』 は2021年全国ロードショー。

あわせて読みたい

Source: Empire

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly