ワーナー、R指定のDC映画を「100%作る」?会長も前向きな姿勢、マーベルやフォックスとの差別化なるか

ワーナー・ブラザース会長のトビー・エメリック氏がバラエティ誌のインタビューに登場、映画『ワンダーウーマン』の大ヒットやワナー製作・配給作品の未来について語った。なかでも今回注目したいのは、エメリック氏がDCエクステンデッド・ユニバースでR指定作品を製作・発表することに前向きであることだ。

デップー効果?『ローガン』や『ブレードランナー』新作など、映画界がR指定に注目する理由

ワーナー社、R指定のDC映画を「100%製作する」?

マーベル・スタジオが主導するマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)と、ワーナー/DCコミックスによるDCEUの“2大ユニバース体制”の中、新たな切り口で業界に革命をもたらそうとしているのが、20世紀フォックス社が『X-MEN』関連のキャラクターで挑んでいる“R指定ヒーロー映画”だ。すでに2016年『デッドプール』、2017年『LOGAN/ローガン』と連続で高い人気を獲得しており、必然的に『X-MEN』の作品群もその存在感を高めることになった。

こうしたR指定作品をDCEUで展開することに、エメリック氏はとても前向きな姿勢を示しているのである。

「いずれR指定のDC映画を作らないとしたら、それこそビックリですよ」

エメリック氏は自らがヒーロー映画に詳しくないことを認めており、同じくバラエティ誌のインタビューでは「私は(コミックではなく)映画について話したい」とも述べている。いわばエメリック氏からすればヒーロー映画は映画の一ジャンルであり、そこでR指定の映画が生まれない方が不思議だ、ということだろうか。

2017年3月、ザ・ラップ紙はワーナーの関係者から、R指定のDC映画を製作する可能性について「100%イエス。ふさわしいキャラクターでやる」との証言を得ている。これは匿名による証言のため信憑性に乏しかったが、今回エメリック氏が明言したことで、なんらかの計画があることはおそらく間違いないとみられる。

マーベル、フォックスとの差別化なるか

DCEUによるR指定映画が実現した暁には、DCEUはMCUや20世紀フォックスによる『X-MEN』とも絶妙な差別化が達成されることになるだろう。なぜならマーベル・スタジオはR指定作品の製作に積極的ではなく、また20世紀フォックスも『デッドプール』『LOGAN/ローガン』を映画版『X-MEN』のメイン・シリーズに直接リンクさせていないのである。R指定作品がDCEUという巨大なユニバースにそのまま組み込まれるなら、それはすなわち“DCEUの大きな特徴”になるはずだ。

その一方、『デッドプール』『LOGAN/ローガン』のヒットを受けてか、コミックを原作にR指定作品を製作する風潮はさらなる盛り上がりを見せている。20世紀フォックスは『デッドプール2(仮題)』を現在撮影しているほか、『ヘルボーイ』のリブート版『ウォッチメン』のアニメ版はR指定を前提としており、また『デッドプール』のアニメ版はR指定になるかどうかは定かではないものの「大人向け」だと明言されているのだ。すなわちDCEUがR指定作品を製作するなら、仮にユニバースに組み込む計画があったとしても、それなりに急がなければ他作品に埋もれてしまうリスクを伴うわけである……。

ところでワーナー/DCは、もしR指定映画を製作するとして、どのコミックをその題材に選ぶつもりなのだろうか? ダークでシリアスな印象の強いDCEUだが、どんなテイストの“R指定”にしてくるのかも気になるところだ。また、ファンにもそれぞれ「R指定で映像化してほしい作品」があることだろう。

『ワンダーウーマン』が好評のDCエクステンデッド・ユニバース、その新たな一手に世界中のファンが注目している。

Sources: http://variety.com/2017/film/features/toby-emmerich-warner-bros-dc-wonder-woman-1202471523/
http://www.thewrap.com/dc-films-r-rated-superhero-movie/
http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/marvels-kevin-feige-why-studio-wont-make-r-movies-guardians-2-joss-whedons-dc-move-99507
http://www.cbr.com/r-rated-marvel-film-kevin-feige/
Eyecatch Image: https://twitter.com/Variety/status/877172305687973888

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。