「復帰する気なかった」J.J.エイブラムスはなぜ『スター・ウォーズ/エピソード9』再登板を決意したか ─ レイ役デイジー「知った瞬間に泣いた」

2015年の『スター・ウォーズフォースの覚醒』に始まり、2017年12月15日公開の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』と続く最新三部作の物語は、2019年12月20日公開予定の『エピソード9』でひとまずの完結を迎えることになる。

『エピソード9』をめぐっては、当初脚本・監督を務める予定だったコリン・トレボロウが2017年9月に降板。後任として、『フォースの覚醒』のキックスタートを成功させたJ.J.エイブラムス監督が再登板することとなっていた。

言わば最新三部作は、J.J.に始まりJ.J.に終わることとなったわけだが、ことJ.J.本人は『エピソード9』へ「復帰するつもりはなかった」と明かしている。Rolling Stones誌がその詳細を伝えている。

「パスするには、おいしすぎる機会」

結果からわかるように、J.J.監督は『スター・ウォーズ』復帰を断るわけにはいかなかった。その理由として監督は「我々が新たなキャラクターたちと共に始めた物語の最終章を語れる機会に預かれるなら、『フォースの覚醒』を超えるようなやり方で物語を完結させられるチャンスじゃないかと思ったんです」と説明する。

「『フォースの覚醒』ではたくさんの事を学びましたし、新キャラクターと新ストーリーの幕開けであった前作では成し遂げられなかったことに気付けるチャンスだと思いました。キャラクターたちの正体は誰なのか。我々が創ったスピリットのもと、このキャラクター達に最終章をもたらす機会なのだと。パスするには、あまりにもおいしすぎる機会でした。

 

なお、レイ役のデイジー・リドリーは、J.J.再登板の知らせを受けて泣いたという。

「みんな、(『最後のジェダイ』監督の)ライアンがやるだろうねって話していたので、本当にビックリしました。オーマイガー!って、オフィスですぐに泣いちゃいましたよ。オフィスには3人いたんですけど、みんな”おいおい、どうしたよ?”って。とにかくJ.J.に“本当ですか、泣いてるんですけど”ってメールしたら、“本当ですか、僕もです”って返事が来て。」

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日公開予定。
同『エピソード9』は、2019年12月20日に全米公開。

Source:https://www.rollingstone.com/movies/features/star-wars-the-last-jedi-14-things-we-learned-w513392

About the author

7+8=15って意外。一桁数字界じゃピッコロ天津飯みたいな感じでしょ。その2つ合わせても15ですか。もっとポテンシャル感じるのに。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。