Menu
(0)

Search

【ネタバレありレビュー】映画『X-MEN:アポカリプス』ココが良かった、ココが残念!

X-MEN:アポカリプス』

『X-MEN:アポカリプス』が公開されて一週間ほど、もうご覧になられた方も多いのではないでしょうか。当サイトでもすでにいろいろなレビューや考察、感想が書かれているので、あらすじや説明は抜きにして、こちらの記事ではネタバレも含みながら、筆者個人の視点でレビューをしてゆきます。 もう一度、書きますが、これはネタバレも含むレビューですので、まだ『X-MEN:アポカリプス』をご覧になってない方は、当サイトのネタバレなしのレビューを見るか、映画を鑑賞なさった上でこの記事に戻ってきていただければ幸いです。 

【注意】

この記事は、映画『X-MEN:アポカリプス』のネタバレを含んでいます。

 

素晴らしい演技

旧シリーズも含めると名立たる俳優陣が演じてきたX-MENシリーズ。今回はその中でもベストといって過言ではないパフォーマンスが見られました。

マグニートことマイケル・ファスベンダー

magneto.apocalypse

今回もマイケル・ファスベンダーによって演じられたマグニートですが、とてつもない魅力とカリスマ性を放っていました。

マグニートはアメリカでの生活を捨て、一般人として偽名を使い、ヨーロッパのド田舎で細々としながらも、妻と娘に囲まれ小さな幸せの日々を過ごしていましたが、地震が起こり、マグニートの働いていた工場で機材が倒れてしまい従業員がつぶされそうになるのを見過ごせず、パワーを使ってしまいます。
それにより、身元がバれ、地元警察がマグニートの家族の住んでいる森へやってきて、不幸が重なり、娘もパニックからミュータントパワーに目覚めてしまい、最強のミュータントとその娘を前にした警察は焦り、木製の弓矢から手を滑らせ、一本の矢でマグニートの妻と娘の命を奪ってしまいます。
そこで悲しみと怒り、絶望にくれたマグニートが娘にあげたペンダントで警察を皆殺しにします。

ここでのマグニートの心中は信じかけていた人間たちに裏切られ、かつ妻子も失い、自分に残されたものが何もない状態で、あらゆる負の感情が渦巻いています。
この森でのシーンでは派手なアクション、派手なセリフもないが、マイケル・ファスベンダーの演技により最大限にエモーショナルなマグニートが見られます。ここでの演技は今まで出てきたX-MENシリーズの中でも文句なしで一番、俳優の演技が輝いている瞬間で間違いないでしょう。

またマグニートはその後、勤めていた工場にバラしたことによる復讐に行きますが、ここでは、演技と脚本によるコンビネーションの功を奏しており、人間もミュータントも関係なく、一つの裏切り行為により愛する人を失うということがわかるか、と語るのですが、こちらもインパクトの強いシーンになっています。

これらの素晴らしい演技によるキャラクター作りで、アポカリプスと手を組むマグニートと彼の破壊的な欲望に大きな説得力を与えます。 そして、最後のバトルでマグニートがアポカリプスから寝返り、X-MENとともにアポカリプス打倒のために戦うのですが、そのときに彼がアポカリプスに放った「私はお前(アポカリプス)を裏切ったのではない、今まで彼ら(X-MENら善良なミュータント)を裏切っていたのだ」というセリフでの重みは半端ではないです。
もともと演技派として知られているマイケル・ファスベンダーですが、この作品で演技面で突出していたのは彼で間違いありません。

プロフェッサーXことジェイムズ・マカヴォイ

profx.apoc

ジェイムズ・マカヴォイの演じるプロフェッサーXは”今回”に限って言えば個人な感想としては前述のマイケル・ファスベンダーには数歩及ばないといった印象です。
ですが、劣っていたというわけでもなく、ハイレベルな競争で甲乙ついてしまった感じです。

彼の演技もとてもよいことに変わりはないです。何より彼のプロフェッサーXについて目を惹いたのが、今回はしっかりとプロフェッサー然としているところです。優しく聡明でリーダーシップもある、そんなみんなが知ってるプロフェッサー像になっています。
彼の演技について素晴らしいのが、新3部作の新しいチャールズ・エグゼビアとして、『フィースト・ジェネレーション』(FC)から『フューチャーアンドパスト』(DoFP)と今回の『アポカリプス』で同じチャールズ・エグゼビアという一つのキャラクターながらもしっかりと変化が大きく見られるとことです。
FCでは自身がミュータントということにもがきながらも、若くて野心的な姿、DoFPでは自信を失い、やさぐれ気味で薬物に頼る弱い部分も見せる。また今回では、さまざまな出来事のあとで円熟性を増したプロフェッサーとしてジェイムズ・マカヴォイは演じ分けています。

Writer

Nao C.V.
Nao C.V.Nao Goto

パンクロックと映画が好きです。ストレートエッジになりたいのに、ストーナーフィルムに憧れています。ヴィーガンです。スタンドアップコメディアンもやってます。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly