Menu
(0)

Search

『X-MEN: ダーク・フェニックス』ワールドプレミア、2人のジーン・グレイ女優が対面 ─ マカヴォイ、ファスベンダーら豪華キャスト集結

X-MEN: ダーク・フェニックス
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

マーベル映画『X-MEN』シリーズの最終章、『X-MEN: ダーク・フェニックス』が2019年6月21日(金)に公開される。

20年を超えるアメコミ作品最長シリーズ最終章の全世界公開が迫る中、2019年6月4日(火曜日、現地時間)、米国ロサンゼルスにてワールドプレミアが開催された。新旧シリーズでジーン・グレイを演じたソフィー・ターナー&ファムケ・ヤンセンが顔を揃えたほか、新旧シリーズから約15名の豪華キャストが集結。スペシャル・アンバサダーとしてX JAPANのYOSHIKIも登場した。

『X-MEN: ダーク・フェニックス』ワールドプレミア

【日程】 現地時間6月4日(火)18:00~(日本時間6月5日(水)10:00頃)

【会場】ロサンゼルス TCLチャイニーズシアター

【ゲスト】ジェームズ・マカヴォイ(プロフェッサーX)、マイケル・ファスベンダー(マグニートー)、ジェニファー・ローレンス(ミスティーク)、ニコラス・ホルト(ビースト)、ソフィー・ターナー(ジーン・グレイ)、タイ・シェリダン(サイクロップス)、ジェシカ・チャステイン(謎の女)、アレクサンドラ・シップ(ストーム)、コディ・スミット=マクフィー(ナイトクローラー)、エヴァン・ピーターズ(クイックシルバー)、ファムケ・ヤンセン(旧シリーズのジーン・グレイ)、サイモン・キンバーグ監督、ハッチ・パッカー(プロデューサー)ほか

X-MEN: ダーク・フェニックス
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

チャイニーズシアター前のハリウッド通りを全面封鎖し、Xという文字を囲むようにレッドカーペットが敷かれた会場には、150以上の取材陣、コスプレをしたファンが約150人、スクリーニングに招待されたファン900人、さらにレッドカーペットの外側に約1,000人を超えるファンが集結した。

フォトコールを終え、レッドカーペットに現れたのはタイ・シェリダン、ブルーのセットアップ姿のニコラス・ホルトや、コディ・スミット=マクフィーら。続いてサイモン・キンバーグ監督、プロデューサーのハッチパーカーも到着した。

X-MEN: ダーク・フェニックス
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation
X-MEN: ダーク・フェニックス
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

さらに白いドレスでエレガントな装いのジェシカ・チャステイン、シックな黒のドレスに身を包んだジェニファー・ローレンス、マイケル・ファスベンダー、ジェームズ・マカヴォイと続々とメインキャストが登場すると大歓声で迎えられた。

X-MEN: ダーク・フェニックス
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

そして旧三部作でジーン・グレイを演じたファムケ・ヤンセンも赤いドレス姿で登場し、最新作の完成を祝福。最後に本作でジーン・グレイを演じたソフィー・ターナーがシルバーとブラックの細身のドレスで姿を現すと、会場の興奮も最高潮に達した。

ソフィーは本作について、「これほど誠実で献身的なファンがいる作品に参加できてとてもうれしく思います。映画だけでなく、X-MENのコミックは何十年もの間、何世代もの人々に愛されている。人の人生みたいなものですよね。X-MENは自分の他者とは違うところを利用してパワフルになり、スペシャルな存在になる。若い人に聞いてほしい、すばらしいメッセージだと思います」と語った。メッセージを送った。

また旧シリーズでジーン・グレイを演じたファムケは、ソフィーにアドバイスを送ったかと問われると「最初は聞かれましたが、彼女はもうすばらしい女優ですから、アドバイスはいらないと答えたんです。彼女はかわいいですよね。これから新作を見るので、とても楽しみにしているんです」と回答。

X-MEN: ダーク・フェニックス
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly