Menu
(0)

Search

DC女性ヒーロー『ザターナ』が本格始動、脚本に『プロミシング・ヤング・ウーマン』 監督が抜擢 ─ 製作はJ・J・エイブラムス率いるBad Robot

DCコミックス
The DC logo is a trademark of DC Comics.

DCコミックス原作の女性スーパーヒーロー、ザターナ(別称:ザタンナ)の実写映画化作品『Zatanna(原題)』に大きな前進だ。アカデミー賞やゴールデングローブ賞など、数々の映画祭で注目を浴びている映画『Promising Young Woman(原題)』(2019)を手がけたエメラルド・フェネルが、脚本家として抜擢されたことがわかった。米Varietyが報じている。

1964年に原作コミックで誕生したザターナは、プロのマジシャンにして“本物の魔術師”である女性ヒーロー。多くの魔法を操り、コミックでは父親探しの旅に出る。実写作品ではこれまで、米CW局のドラマ「ヤング・スーパーマン」(2001-2011)に登場している。

ザターナの実写化企画は、2018年12月頃より報じられており、このときはスーパーガールやバットガールに並ぶDC映画の女性ヒーローとして「話し合いが行われている」と伝えられていた。それから2年以上の時を越えて、ようやく企画が本格的に始動。ハリウッドで脚光を集める気鋭の女性クリエイターの就任が決まった形だ。監督としても一目置かれるフェネルだが、本作でメガホンを取るかどうかは未定となっている。

製作を務めるのは、『スター・トレック』『スター・ウォーズ』シリーズで知られるJ・J・エイブラムスが率いる米Bad Robot。エイブラムス自身も、2021年2月に『スーパーマン』のリブート企画にプロデューサーとして関与することが報じられたばかり。本作を含めてDC界への参入に拍車をかけていくことになる。

ちなみに本企画のほか、DCコミックスからは、ブルービートルプラスチックマンの映画化企画も進行している。これらを含めて、今後の動きを注視しておきたいところだ。

あわせて読みたい

Source: Variety

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly