Menu
(0)

Search

ザック・スナイダー『アーミー・オブ・ザ・デッド』続編は視聴者の反応次第 ─「常軌を逸したアイデアがある」

アーミー・オブ・ザ・デッド
Netflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』独占配信中

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのデイヴ・バウティスタ主演、Netflixによる『アーミー・オブ・ザ・デッド』(2021)がついに世界配信された。配信開始後、日本をはじめ世界中で話題を呼んでいる本作。気になるのは続編の行方だが、果たして製作される予定はあるのだろうか?

本作の監督は、『ドーン・オブ・ザ・デッド』(2004)にてジョージ・A・ロメロによる不朽の名作を現代に蘇らせた、ザック・スナイダーゾンビ映画復帰作となる本作の舞台は、ゾンビの大量発生により荒廃し、外界から隔離されたラスベガスである。そこへ足を踏み入れた命知らずの傭兵集団が、究極の一攫千金を狙うストーリーだ。

Entertainment Tonightのインタビューにて、スナイダー監督は続編の可能性について、「それを望む声があるのであれば、僕たちの準備は万端です。僕と(脚本家の)シェイ・ハッテンは、この先の物語の展開を明確に持っているので」と語っている。つまり、ストーリーはすでにふたりの中で構想されており、視聴者からの熱い反応さえあれば実現する可能性は大いにあり得るということだろう。

ストーリーの具体的な内容については明かされていないが、Polygonでのインタビューにてスナイダー監督は、そのアイデアについて「常軌を逸したようなもの」と話している。『アーミー・オブ・ザ・デッド』では、街を彷徨うようなゾンビではなく、「アルファ」と呼ばれる高い知能と身体能力を備えた軍団が登場していた。仮にも続編が製作されることがあったときには、さらに最恐/最強と化したゾンビがみられるかもしれない。

ちなみに、続編が実際に製作されるのかは定かでないが、『アーミー・オブ・ザ・デッド』のスピンオフ作品がふたつ製作されることがすでに正式決定している。ひとつは『アーミー・オブ・ザ・デッド:ロスト・ベガス(原題)』というアニメシリーズで、もうひとつは『アーミー・オブ・シーブス(原題)』という実写映画だ。両作品ともに前日譚という位置づけの作品であり、『アーミー・オブ・シーブス』はラブコメ強盗映画のようなものになるという。スコット(デイヴ・バウティスタ)と、クルス(アナ・デ・ラ・レゲラ)の知られざる物語が描かれるそうだ。

Source: Entertainment Tonight , Polygon

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly