Menu
(0)

Search

マーベル『ブラックパンサー2』2021年より撮影開始 ─ チャドウィック・ボーズマン亡き続編どうなる

ブラックパンサー
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

マーベル・シネマティック・ユニバース作品『ブラックパンサー』(2018)の続編が2021年より開始見込みであることが分かった。米The Hollywood Reporterが伝えた。

2021年7月より、米アトランタにて6ヶ月以上かけて撮影する見込みと伝えられている。新たな出演者とされるのは、Netflixのドラマ「ナルコス:メキシコ編」に出演のメキシコ系俳優、テノッリ・ウエルタ。敵のひとりを演じるという。

『ブラックパンサー』は、ティ・チャラ役で主演のチャドウィック・ボーズマンが2020年8月に突然の病死。主役不在となった続編の物語については不明だが、ティ・チャラの妹シュリレティーシャ・ライト)の役割がより大きくなるとの情報も記されている。また、ナキア役ルピタ・ニョンゴ、ラモンダ役アンジェラ・バセット、エムバク役ウィンストン・デュークも続投する見込みであるという。

当初『ブラックパンサー』続編は2020年9月より準備を始めて、2021年3月には撮影を開始する予定だった。新型コロナウイルスの影響はもちろん、チャドウィック・ボーズマンの死を受けて予定は大きく変動したと見られる。ボーズマンは生前、病に打ち勝ち続編に出演するつもりでいたという。

製作総指揮のビクトリア・アロンゾは、デジタル技術を活用して続編でボーズマンの姿を“蘇生”させるつもりはないと話している「チャドウィック(・ボーズマン)は一人しか存在しません。そして、私たちの側にはもういないのです」。

映画『ブラックパンサー』続編は現時点で2022年5月6日に米国公開予定と伝えられている。

あわせて読みたい

Source:The Hollywood Reporter

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly